日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


昭和52年度以降各年度の調査テーマ一覧

 

昭和52年度 平均寿命70歳時代に相応しい新人事管理制度の方向

昭和53年度 退職管理及び退職給与の現状と将来

昭和54年度 高齢化社会における人事・組織管理の在り方

昭和55年度 高齢化に伴う処遇体系の新方向

昭和56年度 民間人事当局の立場よりする公務員制度及びその運用に対する意見

昭和57年度 企業における高齢化対策について

昭和58年度 能力主義的観点における人事管理の実態

昭和59年度 企業の求める人材とキャリアパスを含む人材育成方針

昭和60年度 学歴又は性別による処遇の現状及び今後の展望

昭和61年度 採用・昇進・退職管理の企業別実態とその将来展望

昭和62年度 少数精鋭主義下における昇進政策等人事管理の現状と今後の展望

昭和63年度 労働時間、休暇及び福利厚生の現状と将来

平成元年度 高齢化社会における人事管理制度の現状と将来

平成2年度 企業における人材の確保、養成及び昇進

平成3年度 企業における福祉施策の現状と将来

平成4年度 人材流動化時代における人材確保、人材活用の現状と将来

平成5年度 経済停滞期における人事管理諸施策

平成6年度 企業のリストラと人事管理制度の変容に関する調査

平成7年度 最近の経済情勢下での企業における日本的雇用の見直しと人事管理諸施策に関する調査

平成8年度 低成長期における企業の人事制度の抜本的見直しに関する調査

平成9年度 雇用流動化時代における企業の人事管理諸施策に関する調査

平成10年度 雇用構造の変化に伴う企業における人材評価の動向に関する調査

平成11年度 社会経済情勢の変化下における企業の人事管理諸施策に関する調査

平成12年度 経済の構造改革が進む中での人事諸制度見直しの動向等に関する調査

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,601位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
5,387

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から