日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


調査方法等の概要

 

1. 調査の目的

わが国経済は、いわゆるバブルの崩壊から今日に至るまで、景気回復の明るい見通しはなかなか見えて来ず、長い苦況から脱出できないでいる。90年代以降の長期にわたるわが国経済の不況の中で、企業は雇用調整、人件費抑制などの構造改革を積極的に行い、高コスト体質を改善してきている。また、将来の高齢化・少子化による労働力構造の変化や経済のグローバル化などにより、企業では経営戦略の再構築を迫られるなど、経済の構造改革が進んでいく中で、これまでの日本型雇用と賃金の見直しを大胆に修正することも余儀なくされてきている。

このような背景の下に各企業は、人事・処遇システムの潮流を見つめながら合理化を進めているわけであるが、とりわけ企業業績や個人業績、能力差を連動させた人事・処遇システムを再構築していくことが重要となっており、その制度模索が今まさに行われている。

本調査は、以上のような認識の下に、企業がこのところ進めて来た最新の人事制度、賃金制度の改定等の諸施策について、その現状と今後の動向を把握し、今後の人事管理施策の樹立に資することを目的として実施した。

 

2. 調査項目

巻末付録の調査票のとおり

 

3. 調査の対象

東京証券取引所第1部上場企業を中心として、これに準ずる企業を含め1,089社を選定した。

 

4. 調査の実施時期

平成12年10月

 

5. 調査の方法

調査は、アンケート方式により、通信調査及び実地調査によって行った。

 

6. 回答の状況

(1) 回答企業数

回答が得られたのは、291社(回収率26.7%)であった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,598位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
5,384

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から