日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


067-1.gif

になるようDを再度修正(増減)する。

起重機船の計画において最も大事なことは最小乾舷の大きさである。それには設置物、起重機、機関、発電機、固定バラスト、等の重量、位置が確定しないと推算しても、労が多いばかりになってしまう。計画過程でそれらを掌握することは無理であるのであえて概算による算出方法にした。

次にジブ固定式起重機船のL・B・D・dが一応決まったら計画排水量V、トリム及び乾舷の再計算を揚重状態及びバラスト状態について行う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
230,808

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から