日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


それはとても難しいことだと思います。その他にも患者さんの顔色、態度、歩き方、それだけでなくレントゲンや心電図の波形などなど情報はたくさんあるのです。これらの情報を集めるためには普段から、いかに自分の周りの人の話を注意深く聞いたりまた観察していることが必要だと思います。

二つ目は知識です。医者であれば多くの知識を持っていなければならないことは当然のことと思います。しかもその知識は単に本を読んで得たのではなく、自らの目で見て体験して得た知識であり、かつ自分で自信を持って正しいと言える知識であるべきだと思います。

三つ目は問題解決能力です。多くの情報を得て、それを自分の知識に照らし合わせ、その問題点を見つけだし、そしてその問題を解決していく能力です。

四つ目は心です。困っている人がいたら何とかしてあげたいと思う心です。それは"やさしさ"とか"おもいやり"とも言えると思います。

以上が以前から考えていたことも含めて、解剖実習づけのこの数ヶ月にいろいろと考えて悩んで、今現在の自分の思うところです。

実習が始まって最初に驚いたことは、御遺体を見ても何が何だかさっぱり分からなかったことです。前期の半年間に相当勉強して準備して臨んだ実習だったはずなのに、それらの知識は全く通用せず、自分の見ているものが神経なのか血管なのか、はたまた結合組織なのか全く見分けがつかなかったのです。アトラスを見てもそれは所詮写真であり、実際目の前にある本物とは全く違うものでした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
250,669

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から