日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖実習をやる中で新たに気付いたこともいくつかありました。それは自分の知らない世界がこんなにもあるのだ、つまり自分の体の中が実はこんなにも繊密な構造であり、体を冒す病がこんな形であらわれているのだということでした。数々の組織や病を実際に目にして、それらを治していくことが思っていたよりもはるかに困難であると思いました。そして、医者となる中でそうはいっていられない責任の重さを感じ、新たに自覚を持って頑張っていかなければならないなと思いました。

人はいずれは死ぬものであり、そんなことは誰もが分かっていることです。しかし自分の身内が死んだり、病気に苦しんでいる姿を幾度も見ていく内に他人の人生というものをよくよく考えるようになりました。それは、その人達にも幼い時期があり、はちきれんばかりの青春時代があり、楽しい結婚生活があり、その中で子供も生まれ幸せな生活を送っていたのに、それがある日ふっと消えてしまうことがとても切なく思ったということです。そんな生活を振り返りながら死んでいく人の姿を考えた時とてもショックでした。献体して下さった方も、もちろんそういう生活を送ってこられたわけです。だから私は御遺体を解剖させてもらうことに特別な意味を感じているのです。多くの患者が訪れる臨床の場ではそんなことをいちいち考えているのはとても未熟なことかもしれないし、適切な判断をすることの妨げになるかもしれません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
35位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
238,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から