日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


二ヶ月程経過した頃、解剖が始まったころの不器用な手つきから比べると自分でも上達してきたのが分かりました。そんな折、骨盤の中の動脈をなかなか出すことができなくて解剖室に午後一〇時ぐらいまでいました。いつもは多くの学生でざわついているはずのその部屋に自分しか残っていない状況でした。私の解剖する音と空調設備の音以外何も聞こえませんでした。解剖が始まって以来、「気持悪い」と思ったことは一度もありませんでしたが、今自分は二〇体程の御遺体に囲まれていると思ったとたん、急に足のすくむ思いがしました。しかし、御遺体にはそれぞれ家族があり、様々な人生のドラマがあったことを思うと、何か人間の心の深い所にある優しい霊気に包まれた気持になり、生まれて初めて自分が人間なんだ、自分が人間として生まれてよかったと思うと同時に、これから先、医師になるまでの道は遠いけれど、一生の仕事として医師を志したことをよかったと感じました。大げさかもしれませんが、勇気がわいてきました。「自分の身体を医学教育に役立てたい」と決意された方々、何と貴重で尊い貢献であろうか。心から感謝の気持でいっぱいです。立派な良医になれるよう精進しますので天国で見ていて下さい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
253,249

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から