日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


未熟な我々医学部生のために献体をしてくださるという決断には並々ならぬ決意があったことと思われます。それを思い返すたびに、我々に対する期待に応えなければと自らの勉強を反省し喝を入れ直す日々でした。解剖学実習からは数え切れないことを御遺体から学ばせていただきました。まさしく御遺体が我々の先生だったのです。筋肉とはどのようなものであり、どう動くからあの複雑な動作が生まれるのか、それを神経がどこからどこまで走行し、どの筋冊を支配して動かしているのか、動脈がどう枝分かれしてどの筋肉を栄養しているのか。教科書で読んで理解するのとは違った角度から、まさに目からうろこが落ちるかのごとく簡潔にわかりやすく我々に示してくださいました。実際に作業していく過程で、どれほどの深さに他の構造物とどのような位置関係で存在するのかということが文字どおり体で知ることができました。これは講義や教科書による学習では決して代用することのできない、貴重な体験だったと思います。また御遺体からは別なことも学ばせていただいたように思います。解剖するのはつい最近まで生きておられた人であるのだと思うと、手を解剖する時は手が、足を解剖する時は足が痛みます。それは言い換えれば他人の痛みがわかるということにつながっていくのかもしれません。そして普段生活している中ではつい避けて通りがちな死ということについても、御遺体を前にしていると考えさせられました。死が少し身近に感じられると言えば語弊があるかもしれませんが、言い換えますと医師になれば死というものは常に直面しなければいけないことなのであると暗に教えられたような気がします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
243,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から