日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


目前に現れる様々な臓器が、まるで精密機械の部品か何かの様に、ただただ合目的的に連関している様子は、現代思想の一潮流となっている還元主義、そしてそれがもたらした分子生物学と古典的解剖学との見事な調和を追認させるに十分だった。

実習遺体にしても今は篤志献体が主流である。医学の進歩を念じ、医学生が解剖を十分に勉強して立派な医者になってほしいという悲願をこめて、進んで献体される篤志家のお陰で我々は労せずして解剖実習を行い得る。こういった篤志家の御遺体を前にして、我々は個人の尊厳と死の厳粛に立ち会える心の準備はできているだろうかと何度も自問自答しつつ、同時に、時間と空間を越えて、医学史を彩る大先生達と同じ目的のもとに、同じ物を見、同じ物を触り、同じ知識を共有しようとしているという満足感を覚えたことも一再ならなかった。彼らの感じたであろう情熱、希望、苦悩そして成功と挫折を我々もまた感じつつ、着実に歩を進めていったものであった。

最後に度々の質問にいつも丁寧に答えて下さった先生方ならびに貴重な御遺体を献体して下さった方、御遺族の方に感謝したいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
243,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から