日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


そのことを中間試験の追試験は、私に教えてくれたのではないかと思います。

もちろん、「解剖学が御遺体なしで学べる」ということとは違います。解剖を経験した人にしか理解できないことだとは思いますが、自分の手で触れて、つまんで、剖出した脈管、神経、筋肉等は後で復習した時に、その名称、走行が頭の中に入ってくる、その入り易さが全く違うのです。それは、どんなに分かり易いカラーアトラス(解剖図譜)を使って勉強しても同じことです。あたかも自分の指先の感覚を通じてあらゆるものが御遺体から、自分の頭の中に入り込んでくるような感じがするのです。

私は御遺体の「勉強させたい」という気持ちが、ゴム手袋越しに伝わってくるような不思議な気持ちがしました。これは、自分だけが感じているのではなかったようです。他の友だちの誰もが口をそろえて「自分があまり剖出に携わらなかった所は、なかなか覚えられない」と言っていました。「百見は一触にしかず」といったことだったのかもしれません。一生あの感触は残るだろうと思いますが、自分の指先に残っているコリコリした感触がある限り、今後あるいは仮にどこかの脈管の名称を忘れてしまったとしても、すぐにその名称を覚え直すことが出来るような、そんな感触を御遺体は私に与えてくれました。

献体するということは、非常に勇気のいることです。勉強のためとはいえ、自分の体の全てが他人から見られ、切り刻まれてしまうのです。今の自分には、とてもそんな勇気は持てないと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,555成果物中)

成果物アクセス数
244,439

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月23日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から