日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


献体なさる方というのは、私のような医学生にやたら感情的になられることよりも、ただ冷静な頭でよく勉強し、よい医師になることを望まれて、医学の発展に役立つようにという普遍的な行為として献体をされているのかもしれないと思ったりするからだ。

さて、しかし全てが消極的申し訳なさからやっていた訳ではない。解剖自体は興味深く面白かったため、単に楽しいと感じてやっている側面はあった。本当に人体は統一がとれてよく出来ていて、その不思議さに思いを馳せると頭がクラクラする。あまり学究的でない私だが、細かい神経や血管を同定すると(特にスケッチ部位)本当にあるんだあるんだと心が踊ったし、破格をみつけると、その特別さがうれしかった。

最も楽しかったことの一つにスケッチがある。課せられたもの、という点では圧追感を覚えて苦しかったし、与えられた評価にがっかりすることもあったが、差し引きしても大きくプラスとでる楽しさだった。同じスケッチ範囲の仲間と徹夜したり、語ったり、励まし合いながら頑張った。スケッチ自体をするときは、班のメンバーがいないときに、一対一で御遺体に向きあって、独占してじっくりみるのが落ち着いた。回数を重ねるにつれ新たな発見があって、自分が前回までにいかによく対象をみていなかったかということを痛切に感じさせられた。当初評価を得るためにしていたスケッチは、次第に「私がスケッチしなくてどうする。この方の神経を今スケッチして留めておかねば。」という消滅を免れない不可逆で無常なものに対する──とるに足らないのはわかっているけれど──抵抗といった風合いを帯びるようになってきた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(32,376成果物中)

成果物アクセス数
252,023

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年6月27日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から