日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


それより私の心の中には矛盾する幾つもの思いが渦巻いていて、それらに複合的に駆り立てられるようにして解剖していたといった方が正しい。

解剖学実習に携わる者の態度としては的外れかもしれないが、以下自分がどんな思いで実習に臨み、何を得たかについて書きたいと思う。

まず、私は御遺体に対する感謝の意というものがはっきりと自覚できなかった。自分が解剖させてもらえるのも、全てはこの方の生前の好意から始まっていることなのに、何故何も感じないのだろうかと思うと、心苦しかった。毎回その方のことを考え、心の中で話しかけてみる時間をもっていたが、何も納得できるような答えは得られず、いつも自分を白々しく思っていた。他者(献体された方)への想像力の限界(欠如)を感じた。すなわち目の前にあるのは七十四年間その方の魂を宿していたかけがえのない一つの肉体ではあったけれど、そこからその方の魂まで思いは及ばなかったのだ。生前お会いすることのなかったその方の死後に、肉体を解剖させていただくという深い縁になる出会いの不思議さに戸惑わずにはおれなかった。一生懸命やれば、この申し訳なさを埋め合わせられるだろうか、何かつかめるだろうか、と焦りを覚えることは解剖への動機づけの一つとなったのは否めない。

一方で、自分がこのように解剖に対して感情的に取り組んでしまったことの妥当性に自信をもてないでいたりもする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
243,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から