日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

菱垣帆船「浪華丸」帆走実験報告書

 事業名 菱垣廻船帆走実験の実施
 団体名 大阪港振興協会 注目度注目度5


菱垣廻船「浪華丸」帆走実験報告書

 

1999-10-15

大阪港振興協会

 

はじめに

 

菱垣廻船は江戸時代に大坂と江戸を結ぶ大動脈として活躍した商業帆船である。この船の構造、帆装や海運活動の実態などについてはすでに多くの研究があるが、その実船を復元建造し海上運転によってこの船の航海性能を明らかにする試みは今回の「浪華丸」実験をもって嚆矢とする。

菱垣廻船は船舶技術史上では弁才型と呼ばれる船の代表格であるが、この型式の船はわが国の伝統的船舶の中ではじめて人力推進に頼らず帆走だけで実用航海を行ない、それによって小人数の乗組員で大量の貨物輸送を可能にした画期的な船である。この大量輸送能力が年を追って発展する江戸期経済の物流を支えたことはよく知られている。

帆走のみに依存する航海を可能にした技術基盤は「開き走り」、すなわち横風や、さらに斜め前からの風まで利用して船を走らせることであった。弁才型の船はその船型や舵の構造、操帆のための綱取りなどに「開き走り」のための工夫が明らかに見て取られ、また文書記録や伝聞によっても「開き走り」をしたことが確かめられている。しかしどれくらいの速力で「開き走り」ができたか、またどれくらいの角度まで風に逆らって走ることができたか、などについて定量的な資料は明らかでなかった。

今回大阪市は海洋博物館「なにわの海の時空館」の中心展示として大阪の誇りでもある菱垣廻船の現尺復元を企画し、さらにこの機会に復元船を海上で実際に帆走させて映像記録に残し、また現在の機器を使って帆走性能の定量的資料を得ることはきわめて有意義であると判断した。当協会はこれを受けてこの海上帆走実験を行ない、所期の成果を得たのでここに報告するものである。

 

1. 「浪華丸」主要目、係数等

 

「浪華丸」の概略構造図、帆装図、概略船体線図をそれぞれ図1、2、3に示す。長さ、幅等の主要寸法も図中に記されている。

帆走実験時の状態は

001-1.gif

なお、この状態は本船の標準的積載量の75%程度積載に相当する。

001-2.gif

 

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,031位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
9,203

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.菱垣帆船「浪華丸」帆走写真
2.映像記録ビデオ
3.海底火山活動観測データ伝送システムの研究開発
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から