日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


平成11年 公海の自由航行に関する普及啓蒙事業 書き下ろし論文シリーズ

 

特別寄稿論文

第11章 南シナ海と東シナ海に進出する中国 その戦略と目的

平松茂雄(杏林大学社会科学部教授)

 

1:東シナ海についに軍艦が現われた

2:中国海軍の南沙群島進出

2.1.:先ずベトナム海域、ついでフィリピン海域に進出

2.2.:独立作戦能力を備えた海軍力

2.3.:米軍がプレゼンスすれば安全か

2.4.:中国は軍事力を行使するか−−威嚇手段としての海力軍

3:東シナ海に進出する中国

3.1.:積極的な東シナ海石油開発

3.2.:平湖ガス油田の完成

3.3.:日本側海域への強い関心

4:わが国に必要な国家戦略

 

1:東シナ海についに軍艦が現われた

 

1999年5月14日から16日にかけて、わが国の領土・尖閣諸島の北方約100キロメートルで、わが 国の排他的経済水域(第3図の「日中中間線」の文字の周辺海域)に、中国海軍の「江湖I級」ミサイル護衛艦(1,720トン)1隻、「侯興級」ミサイル護衛哨戒艇(478トン)4隻、「河谷級」ミサイル哨戒艇(205トン)3隻、「海南級」哨戒艇(392トン)4隻、合計14隻の艦艇が出現した。小型で旧式の艦艇であるが、編隊を組んで陣形運動や対艦ミサイルの発射訓練を行なったりしながら、わが国の経済水域を繰り返し出入りした。その後『産経新聞』が報じたところでは、それ以前の3月から4月にかけての時期に、哨戒艇数隻が同じ海域を航行していた。さらに7月14日〜19日には、中国海軍の「旅滬級」ミサイル駆逐艦(4,200トン)1隻、「旅大級」ミサイル駆逐艦(3670トン)3隻、「江威級」ミサイル護衛哨戒艇(2,250トン)2隻、「江湖I級」ミサイル護衛艦(1,720トン)2隻、「大江級」潜水艦救難艦(12,975トン)1隻、「福清級」(21,750トン)洋上補給艦1隻が尖閣諸島の北方約130キロメートル〜200キロメートルの海域に出現した。特別の訓練を実施することなく遊弋した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から