日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


現状では日中間に相互信頼関係が構築できていませんから難しいでしょうけれど、もし将来、日中関係が政治的に安定してきた場合、日中共同開発によってこの問題を解決していくという可能性はありますでしょうか。

平松 共同開発という場合、南シナ海もそうですが、中国は自分が領有権を主張したところでやるわけです。ここは俺のものよ、一緒にやりましょうということですから、日本に対してお金を出しなさい、技術を出しなさい、一緒にやって、出たものは山分けしましょうということですから。

笹島 たとえば日中半々で採掘費を出して、フィフティ・フィフティで分け合うということになりませんか。

平松 そうはならないでしょう。そのために軍事力を行使してそこを押さえているわけですから。そのためにああやって異常なことをやって確保しているわけですから。これは俺のものよ、一緒にやりましょう、ということでしかないわけですね。

もっと話は飛躍しますが、タリムが開発するときに一番怖れたことは、日本はタリムにお金を投じなさい、そこの石油を日本に持ってくるのは大変だから、それは私が使いますよ、その代わり、東シナ海の石油はあげますよ、というんじゃないかと思っている。それぐらいのことは言いかねないですから、それを一番怖れたんです。幸いタリムは何かわけがわからなくなっていますけれどね。要するにタリムの開発というのは、あそこを開発するなんていうことは、まずペイしないですよね。持ってくるなんてなおさらペイしない。そんな話に乗るのはアホですね。僕は当時から言っている。あんなもの絶対に乗ったら駄目よと。一番怖れたのは、その代わりに東シナ海を一緒にやって、その分を分けてあげると。これは俺のものよ、と言われるのが、僕はいちばん怖れていた。そういうことにはなりませんでしたけれどね。

 

74:日本は中間で分けるというのが正しいと押し通せばいい

 

日本がこんな態度だったら、さっき木村先生の考え方を紹介したけれど、あれが正しいかどうかわからないけれど、地質構造的にいけば、明らかに東シナ海の大陸棚の上に日本は乗っているわけですから、中間で分けるというのが正しいと押し通せばいいわけです。

川村 問題点が非常に明らかになったと思いますが、次の予定がつまっておりますので、本日の討議はこれで一応うち切らせていただきたいと思います。本日は大変ありがとうございました。このプロジェクトは三年目で、これで平成11年度6回目、最後のヒアリングが終わりました。(拍手) この事業の主催団体でありますPSGの加藤さんから一言ご挨拶をお願いします。

 

75:椎名素夫国際経済政策調査会理事長挨拶(加藤周二理事)

 

加藤 主催団体の国際経済政策調査会理事の加藤です。本来であれば私どもの理事長の椎名素夫が御礼を申し上げるべきところですが、所用があって伺うことができませんので、私がご挨拶をさせていただきます。(拍手)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から