日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


71:「資源調査であるとは特定できない」(外務省アジア局長)

 

平松 ですから、あの調査活動をどう見るかということで、海上保安庁は、空気の泡がぼこぼこ出ているわけですから、明らかにエアガンを使っている。だから資源調査をやっているから違法であると。それに対して外務省のアジア局長は、そこまでは特定できないという。

潮 特定できないと言うのもおかしいですね。

平松 僕はそれでやったんですよ。参議院の記録を読んでください。

 

72:日本は軍事力を発動して排除すべきか?

 

山本 よくお話はわかりました。調査活動をしているのは違反であるというけれど、ネックは中間線が決まっていないということでしょう。

平松 海洋法条約を批准しましたから、あとは政治交渉ですね。

山本 それで外堀を埋められるようにやってくるものを阻止しなければいけない。単刀直入に言って、日本はどうすればいいんでしょうか。

平松 排除するなり、そういうことをしなければいけないと思います。

山本 具体的に排除する方法ですが、軍事力を発動するわけには行かないので、そのほかにどうすれば。

平松 軍事力を発動するわけに行かないと言っても、やるほかない。

山本 そこまで根拠がないと思うんですね。

平松 私は、一番あり得ることは、さっきも言いましたように、石油の採掘のプラットホームを一週間で組み立ててしまった。日本側に580メートル入ったところで出るということを確認しているわけですから、そこにある日突然ああいうものを持ってきて、ボンとつくっちゃうということですね。そういう事態が来ないようにしなければいけないと思うんです。おそらくその時には多分軍艦がでてくるでしょう。その時に軍艦は、何もそんなにレベルの高い軍艦が出てくる必要はない。レベルが低かろうが、日本は手出しできないということがわかっているわけですから、既成事実をつくってしまう。そういうことをやっていくだろうと思います。それが一番怖いことです。それは私は当時から言っているんですけれどね。

山本 先生の話をずっと聞いていると、いま日本ができるのは、そこに先に何らかの施設をつくってしまうということしかないような気がするんですが。

 

73:日中共同開発で問題を解決する可能性は?

 

笹島 海洋調査の将来像なんですが、先生がおっしゃったように、民間の石油開発会社による石油開発自体は非常にリスクが大きい仕事ですから、それぞれの会社がボーリングのリスクを冒してやらなければならない。そうそうできる話ではないと思うんです。先に日本がプレゼンスを示すのは難しいと思うんですね。そうしますと、よく民間会社から出てくる意見というのは、日中共同開発ということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から