日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


実は私はこういうようなプレゼンテーションをするときも、できたら海上自衛隊の取った写真やビデオを使いたいということで、使っていいですかというと、それは困るという。現場の人達は「これは海幕に全部報告してあるから、海幕からもらってくれ。あなたが訳を話せばわかるはずだ、やりなさい、私たちも支援しますよ」とおっしゃるんだけれど、海幕に行くと「そんなことは知らない」と言う。まず、「知らない」と言いますからね。私は自分で集めた材料を持っていって、これこれ然々だからこれは中国側の明らかにしている材料でこういうことがわかるんだから、海上自衛隊は上からパトロールしているからわかるはずである。わからないということは、何もやっていないということですか、とまで言いましたけれどね。それでも出してくれない。

先程お見せした、いよいよ本格的な石油開発ができるというときには、現場の責任者は、これは国民に知らせて欲しいということをやったんです。それではといって、実は先程見せたもののひとつは、海上自衛隊が撮ったものです。私はかなりの材料を海上自衛隊にはただで提供していますから、それだけやっているんだから、今回はちゃんと公表しろといって、あれは海上自衛隊が撮ったものです。

 

70:日本の対中姿勢そのもの:自衛隊が守ってくれなければ石油探査はできない

 

宝珠山 先程の鉱区設定の問題のところで触れられたように、どこからかわかりませんが、強い力が及んでいるということなんだと思うんですね。日本の対中姿勢そのものなんです。そこのところが非常に弱いというのは、ことあるごとに現場にはあるわけです。

平松 ですから荒木さんのうるまもやりたいけれど、ここまで来たら怖くてできない、むしろ安全を守って欲しいと。日本の自衛隊がちゃんと守ってくれなければ、仮に石油探査、試掘をやってもいいよといっても、それは怖くてできない。それはわかって欲しい、それを書いて欲しいと言われているんですけれどね。

宝珠山 海賊問題の時も同じですね。

川村 そのとおりですね。さて、議論も熱くなってきたところですが、残念ながら時間もなくなってきたので、もうひとかた何かどうしても、という方がありましたら。

秋元 一言だけ、国連海洋法条約は、ここにおられる大内先生とか恵谷さんの専門ですが、排他的経済水域における資源調査、環境調査につきましては、管轄権を持つ沿岸国の許可が必要であります。ただ日本側は日中中間線ということですが、中国側は大陸棚に中国の主権的権利があるということで、意見が分かれているというのが中国側の見解です。

岡崎 それなら抗議しなければ駄目だな。

秋元 昨年、新聞報道によりますと、外務省の方は、小渕さんが「日中の海を紛争の海にしてはいけない」と言ったとか、あるいは外務大臣が調査船の活動に正式に抗議したというようなことが伝えられて、因果関係はわかりませんが、この夏以降は、海洋調査活動は減少しているのではないかと思います。私は外務省関係者でもなんでもありませんけれども。

岡崎 国連海洋法条約では調査活動もいけないんですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から