日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ASEAN地域フォーラムというのは所詮そんなものだということを、私はできたときから言っているんです。それは何もないよりはいいけれど、あまり過大な期待はしない方がいい。一番必要なのは共通の利益は何かということをちゃんとする。東アジアでさえ、韓国と日本と台湾のあいだで共通の利益がないじゃありませんか。

 

64:南沙諸島:中国は個別撃破してくるだろう

 

高瀬 南沙諸島なんですが、初めてお話を伺ってわかったんですが、ベトナムとかフィリピンとか中国とかいろいろな国がちりばめるようになっていますね(平松 モザイク模様になっていますね)。そうしますと、最初は中国しかやっていないのかなと思っていたんですが、中国はあとから割り込んできたんですね。そうすると面としての南沙諸島を支配するということはすでに不可能ということなのか、それとも一個ずつひっくり返していって全部取ってしまおうという意図なのか。

平松 いまのところやっていることを見れば、とにかくあのあたりの領有を主張している国で大きな国はベトナムとマレーシアとフィリピンです。台湾は俺のものだという意識がありますね。台湾が独立したら話は別ですが、台湾が持っている限りにおいては中国のものだと思っているから、別にいまは手をつけなくてもいいということですね。そうするとあとはブルネイですが、これは相手にしなくてもいいですね。ということで最初に出て来たのはベトナムに出て来て、その次はフィリピンかマレーシアかどっちかだと思っていた。私はアメリカがいるからマレーシアに先に行くと思っていたら、うまいことにアメリカがいなくなってくれたから、それではいただきますよといってポッと出て来た。いずれはマレーシアですね。

そういう流れで見ていくと、マレーシアは明日は我が身ですから、おっかなくてしょうがないので、マハティールは「中国は脅威ではありません」ということをさかんに言って、南シナ海の問題は当事者で話し合いましょう、アジアの問題に外国は入ってくるな、特にアメリカは入ってくるな、と執拗にアメリカを排除しようとしている。それは中国にとって大いに結構、といってマハティールと仲を良くするわけです。

それをやっていても、いずれはあるときにボーンといって、マレーシアにどかっとやられたらどうしようもない。ある日突然裏切られると思いますね。あとはどういう時期を狙って出てくるかということです。すべてのところにとにかく唾を付けて、領有を主張する。そうするとあとの国は動きがとれないわけですから、やろうといってもやったらすぐにお前は何をしているかとやられるわけです。

 

65:東シナ海鉱区設定図:役所はみな逃げてたらい回し

 

今日は話しませんでしたが、東シナ海で石油が出るということがわかったのは1968年ですね。それが1969年に公表された。それで尖閣の領有権が具体化してくる。その時に日本の経済界でもここを掘ろうという話が出てきた。それを始めていたら、その時に中国が突如、おまえら何をしているかといって出て来た。私はやくざと同じだと言っているんだけれど、そういうやくざまがいの行動で、おまえたちは何をしているか、そこは俺のものだ、何をやっているか、と一発言われて、やめちゃったんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から