日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


私はチベットの専門家ではありませんが、中国をやっているといやでもチベットの材料が集まってきたので、それでまとめてみようということで、印パの核実験を契機として、チベットが重要だということでまとめたわけです。

それをみてもわかるように、とにかくやっていることは至って当たり前のことをやっているわけですね。つまり道路を造って、餓死しないように飯を食えるようにする。当たり前のことだけれど、チベットでそういうことをやるということがどんなに異常なことかと考えると、ものすごく異常なことをやっているわけですね。そこまでしてチベットを確保しようとしていると同じように、今日もお見せしたように、南シナ海でやっていることだって、まことに異常なことで、あんなことまでしてあそこを確保しなければならないか。それは資源であり、シーレーンである。やっていることは異常な熱意でやっているわけですから、いったん確保したものをそんなに簡単に手放すはずがない。

 

57:放っておけば、どんどん既成事実ができてくるだけ

 

例えば南シナ海の問題を平和的に解決しましょうとか、ASEAN地域フォーラムで平和的に解決しましょうとかいうのは、戯言もいい加減にしてくれ、といいたいですね。それは東シナ海でも同じです。私は、このまま放っておけば、どんどん既成事実ができてくるだけだと思います。

 

58:外堀内堀を埋めて本丸を乗っ取るのが中国の戦略

 

私は尖閣列島の領有権を主張しなくていいということではなくて、尖閣、尖閣とこだわっていると、知らぬ間に中国は東シナ海でいろいろなことをやってしまって、本丸も乗っ取られてしまいますよ、ということを言っているのであって、領有権を主張しなくてもいいとか、そういうことを申し上げているわけではないんですね。

言うまでもないことであるけれど、中国もそんなにこだわらなくて、外堀、内堀を埋めて、本丸を乗っ取る。戦わずしてやるということで、中国は馬鹿ではないですから、自衛隊の力はそれなりに評価しているわけですし、アメリカの力も充分承知しているわけです。いかに戦わずして目的を達するか。まさに、戦わずに勝つのが上の上、戦って勝つのは下の下ということは、孫子の兵法に限らず当たり前の話であって、どこの国だってそういうことをやるわけで、無益なドンパチをやることほどばかばかしいことはないわけですから、それは絶対にやらない。

そういうことが着々と進んできていて、まだいまなら食い止められるけれど、このままにしておくといけない。本来は中間線を引いたところで、中間線の中には絶対に入れないということをしなければいけなかったんですね。それを入れてしまったわけですから。

 

59:海上保安庁や海上自衛隊の現場は歯ぎしりをしている

 

私は海上保安庁の人とも接しているし、P3Cに乗っている人にも接していますが、現場の人は歯ぎしりをしているわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から