日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


岡崎 あまり接触なさっていないですか。

平松 ええ。

岡崎 ああ、そうですか。

平松 私は大したことはしていませんが、中国という国はおもしろい国で、世間では、私は中国に嫌われているだろうと思っていらっしゃるようですが、どういうわけか、かなり私に接近があるんです。写真も撮らせてくれる。撮らせてくれるのではなくて、撮りたければ撮ってもいいよ、という態度ですね。だから私は、遠慮なく撮らせてもらいますよといって、撮ってくるんです。日本の役所にも分けてあげてるが、分析結果を何も知らせてくれない。あげたんだから、何かコメントが欲しいと思っているんですけれどね。

 

54:外から燃料タンクが見えない2600メートル級航空施設

 

川村 いや、(OBとして)まことに申し訳ありません。一つだけコメントさせていただきますが、先程の写真にありました新しい2600メートル級の航空施設には燃料タンクがないですね。かつてあそこで見ることができて、なくなった施設は、地下の燃料タンクではないかと私は思います。それは見ての私の感じです。外から燃料タンクが見えないということ、あれだけの飛行機のオペレーションをするとなると、どうしても燃料がいりますのでどこに置くんだろうということから、そういう推測が成り立つわけです。これが私のコメントです。

 

55:海上保安庁と海上自衛隊の協力が必要

 

それから質問ですが、中国は十何億の国民がいて、さらに増えようとしているわけですね。それを養っていくためには、今のままでは農業問題もあるし、エネルギーの問題も解決のめどが立っていない。やはり出るところは海しかない。それから中東へのオイルの依存度を高めるということもありますし、中央アジアの方への陸からのエネルギーの供給を開拓しようともしていますが、やはり東シナ海に対して、エネルギー開発の面から出てくるのはやむを得ないと思います。これでわが国との摩擦の種が尽きないと思うんですが、少なくともこれに対抗するためには海上保安庁だけではどうしようもない相手がありますので、海上自衛隊とも協力しなければならないと思うんです。中国が出てくる限りは、この種の緊張は絶えないだろうと思います。ですから平松先生が言われた尖閣の問題で、中国がこだわらないで、既成事実を着々と増やしていくということをわれわれは一番心配しなければならないと思いますが、私の考えますのは、とにかくやむことはないと思いますので、少々の抗議でやめるようなものではないので、ある程度つばぜり合いのようなことが起こると思うんですが、先生の見通しをお聞かせいただきたいのですが。

 

56:異常な熱意:簡単に手放すはずがないチベットと南シナ海

 

平松 私の今日のチベットについての議論も、その前にあるところに発表しているんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から