日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


だから領土問題に介入しないというのは尖閣も同じなんです。ところが、カート・キャンベルが言い出したのは、あれは安保条約の適用範囲だということですね。要するに日本の行政管理下でしたか、管理下にあるところには安保条約を適用するといった。だから適用するんです。つまり、主権問題については中立、それはしょうがないです。しょうがないけれど、アメリカは守るといっている。

 

52:中国潜水艦の動き

 

川村 ほかにございませんか。宝珠山さんどうぞ。

宝珠山 いま水上の話を中心にお聞きしましたが、水中での行動もあると思いますが、どうご覧になっておられますか。

平松 いろいろやっていると思いますが、その辺になってくると、私の領域外の問題です。かなりのことをやっているだろうと思いますけれどね。

恵 私の友人にアメリカの海軍航空隊の部隊にいる人がいるんですが、宮古海峡において潜水艦が行動しているのは間違いないと捉えていましたね。水上艦艇が動いたときに、下の方には潜水艦がいることはほぼ確実だということを言っていました。

平松 これはもっと前の話ですが、中国が東シナ海に現れ始めたときに、ほとんど毎年のように、沖縄に行って、何らかの形で自衛隊と接しているんですが、軍事専門家たちが、中国の潜水艦は音が高いから簡単に見つけられるとおっしゃっているけれど、どうなんですかということを聞きました。その時の答えですが「堂々と日本の領海を潜水艦が突っ切ったことがあります」と。領海の中にいるときにはわかっている、つまり島と島との狭いところを通ったわけですが、その時はわかった。ですから、実際に突っ切っています。堂々と突っ切っているそうですが、それ以後はそのことについて聞いていません。

 

53:アメリカは中国のことを慮ってあまり詳しいこと日本に教えない?

 

岡崎 質問と感想ですが、アメリカの専門家とは、もちろん始終すりあわせをしておいでになると思うんですが、どうですか。それが質問です。

それから私が考えていましたのは、南沙群島の話になると、アメリカは人工衛星で全部見ているんですが、うちが情報要求をしても、アメリカは中国のことを慮って、あまり詳しいことをくれないのかなという感じもするんですね。

それで話が飛ぶんですが、日本が持とうとしている人工衛星ですね。あれは私は最初は持つことに疑問があったのですが、あとで考えを変えました。アメリカが中国の感情を慮ってあまり詳しい写真をくれないようなら、日本が人工衛星を持つのも意味があるかなと思うようになりました。そこで質問ですが、先生がご接触になったアメリカの専門家は、詳しい話は知らなくても元の情報は持っているわけですね。元の情報があって、あとは一般論で先生とお話ししているんだろうと思うんです。どの程度までオープンに話してくれますでしょうか。

平松 それ(接触)はないですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から