日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


当時、シンクパック(米太平洋司令部)のブレア大将はフィリピンに対してコメントを出しました。フィリピンが攻撃された場合には、米国は放置しないと。

ところで、中国の活動の裏には軍がいるわけですか。

 

44:試掘リグも海軍の造船所でつくっている

 

平松 やっているのは全部海軍です。一般の人ができるわけがない。さっきの試掘のリグですが、あれは中国がつくったと言っているけれど、あれは海軍の造船所でつくっています。造船部門というのは軍がいまだにコントロールしていますから。これはむしろ当たり前の話で、民間に転換したと思うのはおかしいですからね。

中国の海兵隊というのは、要するに陸戦隊ですね。まだ中国の陸戦隊というのはそんなに−。私は海兵という言葉を使わない方がいいと思う。海兵という言葉を使うと、一般的にはアメリカの海兵を想像しますが、そんなレベルまで行っていませんから、海軍でよろしいんじゃないでしょうか。中国側は海軍がやっているということは言っていますから。それから退役軍人とか、いまのように民営化とか市場経済化ということになってくると、出向という形で海軍の人間が背広を着て出ていくということも充分あり得るわけですが、あくまでもコントロールは海軍のもとで、民間を装ってやっていると考えなければいけないと思うのです。

 

45:尖閣列島についてのこだわり過ぎ

 

ちょっといまのことで、今日はここに海上自衛隊の提督をやってアメリカとの関係があった方もいらっしゃるので、こういう機会に伺っているのですが、私はアメリカの動きを見ていて、アメリカは力のある国ですから、そんなに島にはこだわらないのであって、航行の自由さえ確保できればいいということで、私は尖閣列島だってあまりこだわらないだろうと見ています。むしろそれよりは、一番問題になるのは、宮古島と沖縄本島の間の水域を中国の軍艦などいろいろな船が、自分の海であるかのように出入りするようになるという事態は許さないでしょうけれど、尖閣列島にはそんなにこだわらないと思うのです。

私は、尖閣列島については皆さんがこだわりすぎていると思うんです。中国が尖閣列島にこだわるんだったら来ないと思います。ほかのところで石油が出るなら、いまの状態でどんどん石油開発をすればいいわけですから。石油が出ようが出まいが、石油の試掘なり採掘をやっているということでプレゼンスを示せばいいわけですから。そうやってだんだん出ていくということに対して、日本がいまのような態度でいる限り、強い態度でやらない限りはだんだん既成事実がつくられてしまいます。ちょっと尖閣列島は残して、石油開発が進む。あるいはどんどん出てくる。それが一番怖ろしいことであって、あまり尖閣にはこだわらないことだと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から