日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


43:沖縄の情勢について

 

恵 私は沖縄に住んでおります恵と申します。1 ご参考までに申しますと、1999年7月16日(金)の話ですが、その1週間前に李登輝発言がありまして、中国の軍艦が10隻、沖縄近海で活発な活動をいたしまして、かなり緊張したんです。米軍はその時にコソボの方に主力が行っていたものですから、航空母艦も太平洋にはいなかった。非常に危機的な状況になるのではないかと思ったのですが、米軍はこのときに警戒レベルを4に引き上げました。日本のマスコミには報道されなかったんですが、かなり緊張した状態が7月16日から19日ぐらいまで続きました。先生がお書きになられたチベット問題に関しても、中国は力の空白が生じたときに出て来るという習性を持っていますので、中国の沖縄近海における活動は、慎重に見ておかなくてはいけないということをみなさんに披露したくて申し上げた次第です。

平松 産経がこの十年ぐらいかなり中国の海洋活動について載せていますが、ほとんど僕が提供しているんです。僕がいなかったら何も載らなかった。しかもけつをひっぱたいて、ワーワー言わないと載せない。ちょっと手を抜くと載らない。そういう意味で産経新聞に載らない空白の時期があるんですね。そうすると、最近載らないですね、と言われるのですが、僕が忙しくてほかのことをやっているときに何か起きてもとても手が回らないから、そうすると載らない。それから向こうの人間が替わると全部一から十まで教育しなければいけないわけです。そうすると、くたびれてもういやになったりするんですね。それは良くないので、そういうことを苦にせずにやらなくてはいけないのですが、人間が替わるたびに一から十までやるのもいやになるので、いままで書いたのを読めということになったり、忙しかったりする。そうすると載らないんですね。

恵 もう一つ注意しなければいけないな、と思っている状況は、中国が沖縄にさかんに要人を送ってきます。また、沖縄県は福建省に約4億円を投じてビルを造ったんですね。それは沖縄の企業を誘致するという触れ込みでつくったんだけれど、所有権は中国福建省人民政府外事弁公室で、12階建ての殆どを使っている。沖縄の企業は1社ぐらいしか入っていない状況であります。開館時、沖縄のマスコミがなんという報道をしたかというと、琉球王朝の時に向こうへ朝貢に行ったものですから、「福建・琉球館を復活」というタイトルを新聞に出した。要するに目に見えない段階で中国は、日本帝国よりも明、清が琉球を独立国として扱いましたよというノスタルジアをつくってきている状態でありますから、ちょっと油断していると、沖縄が中国が主張している尖閣列島どころではなくて、琉球列島も中国のものだという議論に若干の肯定性、あるいは既成事実をつくられる要素もありますので、内外とも沖縄問題は目を離せない状況であります。

 

1 恵竜之介氏のホームページ(英語・日本語)は、http://www.glocomnet.or.jp/okazaki-inst/(岡崎研究所)のホームページの「リンク集」にあります。また、台湾関係(英語)については、同じ「リンク集」のなかのTSR (Taiwan Security Research)参照。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から