日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


質疑応答

 

小川 ありがとうございました。それでは川村委員長に司会をお願いいたします。質問される方は、お名前と自己紹介をお願いします。

川村 それでは、プレゼンテーションに関しまして、何かご質問のある方、いかがでしょうか。

 

これから約1時間にわたる質疑応答と意見交換のポイント

43:沖縄の情勢について

44:試掘リグも海軍の造船所でつくっている

45:尖閣列島についてのこだわり過ぎ

46:中国の既成事実づくりを警戒せよ

47:唐家?外相の正面切っての反論:中国の対応の変化?

48:いまのうちに早くやめさせなければ駄目だよ

49:佐藤守航空自衛隊南西混成団司令官

50:尖閣列島は日米同盟の信頼性の問題

51:日本の管理下には安保条約が適用される

52:中国潜水艦の動き

53:アメリカは中国のことを慮ってあまり詳しいこと日本に教えない?

54:外から燃料タンクが見えない2600メートル級航空施設

55:海上保安庁と海上自衛隊の協力が必要

56:異常な熱意:簡単に手放すはずがないチベットと南シナ海

57:放っておけば、どんどん既成事実ができてくるだけ

58:外堀内堀を埋めて本丸を乗っ取るのが中国の戦略

59:海上保安庁や海上自衛隊の現場は歯ぎしりをしている

60:自衛隊のトップは目を覚ませ

61:沖縄の日米空軍の共同統合運用を考えるべきだ

62:アメリカの空白を埋めるような形で中国が出て来た

63:ASEANフォーラムは共通の敵という認識のない単なる仲良しクラブ

64:南沙諸島:中国は個別撃破してくるだろう

65:東シナ海鉱区設定図:役所はみな逃げてたらい回し

66:えらい役人ほど国会答弁風になる

67:地震探査ひとつでも、海上保安庁と外務省と自衛隊の考え方が違う

68:抗議は防衛庁の仕事ではない

69:国民に知らせるための写真やビデオすら出そうとしない海幕

70:日本の対中姿勢そのもの:自衛隊が守ってくれなければ石油探査はできない

71:「資源調査であるとは特定できない」(外務省アジア局長)

72:日本は軍事力を発動して排除すべきか?

73:日中共同開発で問題を解決する可能性は?

74:日本は中間で分けるというのが正しいと押し通せばいい

75:椎名素夫国際経済政策調査会理事長挨拶(加藤周二理事)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から