日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


40:AWACS配備が必要な那覇

 

もう一つその時に宮古で聞いたことは、新竹にF16があって、F16がここから飛び立ってくるんだけれど、宮古のサイトでは、1万メートルぐらい高くならないとレーダーでは捉えられない。そういうことで、どうしても那覇にはAWACSを配備して欲しいと。何も台湾を敵視するということではなくて、いずれ中国側からスホイがやってきて、台湾からはF16とミラージュが飛び上がってくることになるし、わが自衛隊もここにはファントムしかないわけだけれど、しかしここは非常に重要になる。そういう状態が進んできている。海域ではこういう状態が進んできている。まだまだ大したことはありませんが、いずれにしても、そういう事態が進行しているということです。

那覇には、皆さんご存じかどうか知りませんが、ほとんどの人がF15が那覇に配備されていると思っていらっしゃるんです。実は那覇にはF15はなくて、まだファントムだけということですね。

人の揚げ足取りをするつもりはありませんが、何年か前に中国の戦闘機が日本の尖閣付近の防空識別圏に近づいてきたということを産経新聞が報道したことがあります。その時に「那覇からF15がスクランブルした」と書いてあるのですね。私は、ああこれは偽物だ、これは現実を知らないやつだと思いました。那覇にはファントムしかないわけだから、F15がスクランブルということはあり得ない。これはガセネタだと思ったのです。別の新聞が後追いをして、防衛庁に問い合わせたら「ファントムがスクランブルした」と。これは正しいということで、再度確認したら、間違いありません、ファントムだということでした。そのときは、スホイ27かどうかわからないけれど、かなりスピードの速い戦闘機が接近したということで、空幕では接近されたことを問題にしたそうです。ファントムでは、現場に到達するにも時間もかかるし、届くことは届くけれど、(燃料が切れるので現場での)滞空時間は非常に短い。だからF15でなければ駄目ですということです。

 

41:宮古か石垣あたりに基地が欲しい

 

私もよく沖縄に行って、航空自衛隊(南西混成団)にたまに行くのですが、航空自衛隊の人たちが非常に自嘲的にいうことは、「しかし平松先生、104よりはましです」と言うわけです。「104だったら、そもそも尖閣まで足が届かなかったんだけれど、ファントムは届くだけましです」と言われるんですが、「われわれはF15が欲しい」と言っていますね。それも、那覇に置いたのでは遠いから、宮古か石垣あたりに基地が欲しいと。

それはもっともな話でして、この地図からわかりますように、花連と尖閣の距離を見てください。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から