日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


34:単なる抗議だけで終わったフランス船の地質調査

 

アテランテ号というのはフランスの船で、それがやってきて、明らかに地震探査と思われる調査をやったのですね。海上保安庁は、これは地震探査をやっているから地質調査である。これはやめさせなければいかん、という考え方だったのですが、外務省の方はそこまでは断定できないということで、結局これは単なる抗議だけで終わった。このアテランテ号は、一旦中国側の海に去って、しばらくしてなんと那覇にやってくる。

その那覇に入ってきたときに、日本の海を勝手に調査したということで、海上保安庁は入れるなという方針だったらしいんですが、外務省が入れるということで入れたらしいんですね。

それはともかくとして、先ほど言った木村先生がこのアテランテ号に入っているのです。なんとアテランテ号に入っている調査団の団長から、いついつ東シナ海で海上調査をやるから、その折りに那覇に寄るからその時に会おうという手紙が木村先生のところに来ているんです。それで那覇に来たということで、木村先生は中に入って、この船を見てきている。能力からいって、明らかにこの船は地震探査をやる能力を持っている。やったかどうかわからないけれど、能力は持っているということです。

 

35:産経新聞の沈黙

 

ところがこれが出て行ったら、なんとその船は基隆(キールン)に行って、台湾の科学者を乗せて、与那国島をすっぽり囲むような海域の調査をしているということです。これに対して日本がなんと許可を与えているということです。

この時に私は、日本は往復びんたを食らっているようなものではないか、なぜもっと強硬に抗議をしないんだと言ったわけです。私はこれをちゃんと報道させたのですが、与那国で台湾とやったことについても報道しろといったら、なんと産経新聞はこれを報道しなかったんです。だから台北支局なんかあったら駄目よ、と私は言っているんです。

産経新聞には私はかなり情報を提供して載せているのですが、台湾のこととなると一切載せないんです。だから僕は駄目だと言っているんです。産経新聞は台北などに支局がない方がいい。

 

36:九州近くまでやってくるようになった

 

それ以来これは恒常化してきている。海上保安庁も必死になっているし、海上自衛隊のP3Cも追いかけているのですが、単なる抗議しかしていないわけです。これがこういう海域での調査だということです。その次の年から、九州近くまでやってくるようになったということです。その次は去年ですが、数がものすごく増えました。[中国の調査船の行動を示した図]これは海上保安庁がまとめたものですが、一年間の動きはこういうものです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から