日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


31:尖閣列島から沖縄トラフを調査する海洋調査船向陽紅09

 

5年ぐらい前に向陽紅09という海洋調査船、これははっきりしませんが、ICBMの実験のときに出て行ったのが、これだったのかこの相棒だったのかわかりませんが、いずれにしても4〜5000トンの調査船でかなり世界中を動き回っていますし、日本の周辺も動いているのだけれど、これがここにやってくる。明らかに尖閣列島から沖縄トラフを包む形で、約50日間ぐらい、いったん日本が抗議して、それで出たのかどうか知りませんが、とにかく出て、また入ってきてここで調査をする。そしてこれはちょうど5月のゴールデンウィークを挟んでやるわけですが、その年の12月に、この地点で、日本側に入って、石油リムがやってきて勘探3号がやってきて、居座って翌年の2月中旬にここから火を噴くシーンが出て来る。そして、出るということを確認して、引き揚げるということです。これはご希望ならビデオをお見せします。これは1分もかかりません。

 

32:ビデオ上映

 

[ビデオ上映] これは勢いがいいときには10メートルぐらい噴き出しています。これも石油関係の専門家に見ていただいたのですが、これは油よりも天然ガスだということです。東シナ海の石油というのは、どうやら油よりもガスの方が主体のようです。これは石油関係の人から前から聞いていることですが、改めて実際に見て、この炎だけでわかるのだということです。

この時には私よりもむしろ海上保安庁の方が興奮して、私が呼ばれて行ったのですが、中に580メートル入ったところだというものですから、そのぐらいだったら、測るところの起点によって違ってくるので、即断するのは早いんじゃないですかと申し上げたら、「絶対に間違いがありません、これはGPSでとっているから間違いありません、絶対に自信があります」ということでした。

 

33:武見敬三参議院議員の質問

 

たまたまそのときに、この間まで外務次官をやっていた武見(敬三)参議院議員が私の大学時代の後輩で、学生の時からよく防研に来てくれていた。本人は学部・大学院で主として台湾を主体とした東アジアのことをやったものですから話がわかる。外務委員会のメンバーでもあるということで、今度質問するというので相談にきた。

同時に海上保安庁にも連絡したらトップが非常に張り切って、全面的に支援してくれる。それで産経に電話をして、取材してトップで出せ、ということで、大きくドンと出た。産経新聞もいいんですが全国津々浦々まで国民に周知徹底するということはなかなかできない。そういう中で、中国の海洋活動は非常に積極化しているということです。その翌年5月のゴールデンウィークのときに、この海域にやってきた。この年から恒例のように毎年やることになるのですが、その走りとなったわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から