日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


28:200カイリを適用した日本の水域地図

 

ところがこれにそれなりの根拠があるのは、ある海事関係の組織、海上保安庁とかから金をもらって、やっている組織ですが、そこが日本が200カイリを主張する時代になったら、日本の水域はどういうふうになるかという地図をつくり、そこにどういう資源があるかということを調べたものがあるわけです。

[200カイリを適用した日本の水域地図] 日本が経済水域200カイリを適用するとこれだけになるということです。あそこは満州ではなくて、南鳥島です[一枚の図に収めるために、最も南の海域部分が便宜的に中国東北部のあたりに描かれている、そのために]余談ですが、私がこれをつくったのは十数年前で、私のせがれがまだ中学生ぐらいだったのですが、私がせがれにこれを見せて、「どうだ、日本という国は陸の面積は小さいけれど、海になるとこんなにでかいんだぞ」といったら、せがれが素っ頓狂な声を出して、「お父さん、いつから満州が日本の領土になったんだ、また植民地になったの」というから、そうじゃないんだと言ったんです。(爆笑)

 

29:日本の面積は世界第7位

 

現実には竹島と尖閣列島はペンディングになっていますから、実際はこう水域が小さくなってしまいますが、竹島と尖閣も適用するともっと大きくなって、200カイリをそのまま適用すると、日本の水域はロシアを抜くということで、非常に広いわけです[経済水域面積の国別順位表、日本は7位で386万km2となっている]。つまり日本は陸地の面積は小さいけれど、水域は非常に大きくなるということで、したがって、日本はこの水域を活用して守らなければならないということを私は言っているわけです。

そういうことが公に言えるようになったのは、日本が海洋法条約を批准するということで、いまから4、5年前で、ようやくそういう時代になったわけです。それまでは日本側は、そういうことを口にすることを非常に憚った。

 

30:中国側が中間線を超えて入ってきたことを国民にちゃんと知らせよう

 

そうなると中国側は、沖縄トラフが中国の大陸棚であると主張しているわけですから、こちらに入り込んできても、日本側としては、何も言いようがなくなるではないか。既成事実がつくられていくだけだから、早くしなさいということで、産経と飛行機を飛ばして撮りにいったわけです。それで国民にちゃんと知らせよう、とやったわけですが、その時まで海上保安庁はあまり私に対して好意的ではなかったのです。ところが実際に中国側がこの中間線を超えて入ってくるようになった。その時になって海上保安庁が私に謝罪してくれました。平松先生の言うことが正しかった、われわれは甘かった。海上保安庁は非常に素直に謝ってくれましたが、外務省はいまだに何もなしです。海上保安庁は長官まで出て来てくれて最敬礼してくれました。この長官は、沖縄の本部長の時に、海賊まがいの行為を中国がやったらしいということで産経と報道に行ったときには、非常に私を敬遠しました。それが最敬礼してくれたのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から