日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


つまりそう簡単にはここまで出て来られなかったということですが、南沙に出て来たのが1988年です。

そのときどういう出方をしたかということですが、この地図をご覧ください [南沙諸島付近の地図] 。この地図は私が使っているのですが、この地図をかなりいろいろな方が適度に修正して、私のものをそのまま使っているのではない、という形で使っているのですが、それはそれで結構なんです。これが大平島という台湾が持っている一番大きな島です。これはかつて日本が占領支配していたところで、サンフランシスコ条約で日本はここを放棄したわけです。かなり大きな島で、淡水が出る唯一の島です。あと、青色で示してあるのが、ベトナムが持っている島で、緑色で示しているのがフィリピン、「マ」で示してあるのがマレーシアというように、非常に入り乱れているわけです。この赤い線を引いたところに、中国は1988年に入り込んできて、ここを押さえるということをするわけです。このエンセ島というところがありますが、ここに人工の島をつくってしまうわけです。

 

9:南シナ海シーレーンの地図

 

[南シナ海シーレーンの地図] この地域は、黒い線が引いてあるのがシーレーンです。最初に中国が出て来たところはシーレーンの近く、ベトナムが領有しているところに割り込んできて出てくる。それはシーレーンに添っているところである。それから青く塗りつぶしてあるところは、ベトナムの石油の鉱区で、かなり石油の開発をやっているところで、赤は中国がアメリカ資本を導入して石油の鉱区を設けたということで、意図的に石油とシーレーンを見て、ベトナムに威圧を加えるという形で、まずここに出て来たわけです。

 

10:中華人民共和国の領土を示す主権碑を建てる

 

そのとき、どういうやり方で中国が出て来たかということですが、これもある程度おなじみになっていますが、高足屋と言っています [写真] 。鉄のパイプにアンペラを張り付けたという南洋の人の住んでいる家を連想すればいいと思いますが、ここに中華人民共和国の領土を示す主権碑を建てる。そこで掘建て小屋をつくって、生活して頑張る。ここにいるのは海軍の人間です。民間人を装っているだけの話で、海軍がやっているということは、中国側の新聞を見ていれば出てくるわけです。この珊瑚礁は、このあたりが波打ち際ですから、かなり大きなリーフの一角です。そういうことをやると同時に、次の写真です。これはフィリピンであってベトナムではありませんが、ベトナムの方にはあまりいい写真がないので説明のためにこれを使います [写真] 。これはプレハブのような形で建っている。こちらで実際の仕事をして、こちらは居住施設である。こちらは裸でいれば、風通しがいいから。こちらでは発電もやって、何らかの近代的な施設もあるだろうということです。そういうことをやっているうちに瞬く間にこういうものを作りあげるわけです。二、三年でつくりあげているのですね。これは一角で、これを6ヶ所でつくっているのでいろいろなタイプがありますが、こういうことをやっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から