日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ここに滑走路をつくったのは1988年ですが、そもそも中国がここに出てくるのが1974年です。もともと西沙諸島というのは二つの大きな群島からなっていて、大雑把に言うと、東側と西側とになっている。東側というのは中国が領有していて、西側のベトナムに近い方は南ベトナムが領有していた。当時はまだ南ベトナムの時代です。それを中国が1974年1月に軍事力を行使して南ベトナムから奪還し、完全に支配するということになった。それで具体的な開発が始まるわけですが、西沙を完全に押さえて、やったことは二つあります。一つはここを軍事基地化するということですが、その前にもう一つやったことについてひとことだけ触れておきます。

 

6:漢や唐の時代の遺物を発掘

 

中国は考古学者をここに送り込んで発掘をしました。そして漢や唐の時代の遺物が出たから、漢民族は漢や唐の時代からここを支配していた、というように領有権の拠り所にしたということですね。かつてのソ連もそうですが、非常に考古学が盛んで、発掘をする。ロシアの場合は、スラブ民族がいかに昔から中央アジアから極東アジアに住んでいたかと言っていたわけですが、中国の場合も、南シナ海に早くから住み着いていたかということをやっていた。特に貨幣が出たということをさかんに言っている。つまり、単に生活していたのではなくて、経済活動を営んでいたというわけです。これは海洋法条約の一つの条件は人間が住んでいるということと経済活動を営んでいるという問題がありますので、そういう点で貨幣が出たということは非常に重要視されるわけです。そしてもうひとつは、ここを軍事基地化するということですね。そういう具合にして、西沙を固めた。

 

7:アメリカが出てこないことを見定めて西沙を押さえた

 

その時にもうひとつ付け加えておきたいことは、1974年早々になぜここに出て来たかということですが、1973年にパリの和平会談があって、アメリカがベトナムから引き揚げるという決定を下した。アメリカは、もうベトナムはこりごりだからもう引き揚げる、後は勝手にせい、といって引き揚げていく。ということでアメリカが出てこないということを見定めて、軍事力を派遣して西沙を押さえたということを申しておきたい。

アメリカの軍事力というのは世界一だから、とても中国はそれに対して対抗できるわけではないから、そんなものは相手にならんよ、という議論がずいぶんあるわけですが、それはその通りでありますが、中国の動きを見ていると、アメリカが動かないような状態を見定めて脱兎の如く飛び出してくる。その最初の例ですね。

 

8:南沙諸島への進出

 

そうして1974年にここに出てくる。その次は南沙だということは常識的に考えられるわけで、私はその頃からいつ出てくるかということに関心があったのですが、なかなか出てこなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から