日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


この時に坂田先生が測ってくださったら、2600メートルということで、坂田先生も驚いたし、われわれも2600メートルの滑走路ができているということで仰天して、これはエライことだという話になりました。

実はこれをやる前に、「ほんとうにそれがあるのでしょうね。金がかかるんですからね。金をかけて、なかったら大変ですから」と浜本が言った。私は「絶対に大丈夫」と言ったんですが、その根拠にしたのはこの写真です [写真3:香港の新聞に載った軍隊の写真] 。

中国が領海法を制定したのが1992年の春ですが、それ以後かなり露骨な活動が始まります。それまでも露骨な活動をやっているわけですが、そのころから西沙に滑走路ができたらしいという情報があったときに、それとなく中国が、これも中国の一つのやり方であって、香港に『文わい報』という左派の大陸系の新聞がありますが、その新聞にこの写真が載ったのです。さりげなく出たのです。それを私が見て、これは西沙の滑走路だということで、非常に重視しました。その時この新聞を送ってくれたのは、当時の産経新聞の香港支局長でした。ご参考に、先生の何かの研究にお役に立てばということで送ってきたんですが、とんでもない、お役に立つどころか、西沙の飛行場ではないかといって、産経新聞に報道しろと言ったんだけれど、載らなかったんです。それを、浜本が来たので、「間違いなくこれがそうだから、絶対大丈夫だからやろう」といってやったわけです。これを見てわかるように本格的な滑走路です。

私たちもこれをやってみて、実際に滑走路があるとなると、人間の欲でもうちょっと詳しく知りたいね、となったわけですが、坂田先生はそれは駄目よ、細かなところを見るのは、ランドサットとかフランスの衛星でなければ駄目ということだったのです。それからもう一つは、比較的金がかかる。まともにやったらものすごく金がかかるけれど、非常に安上がりで済んだ。読売は金を出しているけれど、私は坂田先生に頼み込んで、研究資料としてただでもらったんですが、読売はなにがしかの金を払った。しかし大したことはなかったようです。

 

4:西沙の滑走路の写真

 

それでわれわれは大いに気をよくして、一体いつできたか確認できないかということで、坂田先生に相談して、遡ったのがこの写真です [写真4:西沙の衛星写真、滑走路が見えない] 。これは1987年です。いま滑走路が写っているのが1989年6月ですから、ほぼ1年間で、だいたい2600メートルの滑走路をつくったということですね。中国の能力については、過大評価する人も過小評価する人もいますが、どういうやり方をとったにしろ、そんなに大きな補給線もない、大した能力もないところに、1年間でこういう滑走路をつくった。少なくともこの写真に見る限りはかなり本格的な滑走路であることは間違いない。ということで、海洋での土木能力、輸送能力は、いくら人海戦術でやったにしても、かなりの能力があると見なければならないだろうと思いました。

後から申しますが、これをやっていた時期に、中国は南沙諸島に出て来ているわけです。ということは、西沙と南沙という二つの海域において、かなり大規模な土木工事ができる能力を持っているということになるわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から