日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


16:海洋観測船「遠望」、駆逐艦「旅大」

17:南シナ海の「島を修復する権利を留保している」(1987年)

18:アメリカもソ連もなにもしないその隙をつく(1988年)

19:フィリピンへの進出(1995年)

20:ミスチーフ環礁の永久施設

21:東シナ海への進出:石油掘削機の写真

22:一週間で組み立てた5号油井の写真

23:石油有望地域の地図

24:ここの石油は誰のものか

25:沖縄テレビの30分番組

26:東シナ海海底の地殻図

27:日本側は日中中間線という考え方をはっきり言うべきだ

28:200カイリを適用した日本の水域地図

29:日本の面積は世界第7位

30:中国側が中間線を超えて入ってきたことを国民にちゃんと知らせよう

31:尖閣列島から沖縄トラフを調査する海洋調査船向陽紅09

32:ビデオ上映

33:武見敬三参議院議員の質問

34:単なる抗議だけで終わったフランス船の地質調査

35:産経新聞の沈黙

36:九州近くまでやってくるようになった

37:海洋調査船の次には軍艦がやってくる

38:尖閣沖にやってきた台湾の調査船

39:空域のこと

40:AWACS配備が必要な那覇

41:宮古か石垣あたりに基地が欲しい

42:ビデオ上映:ロープでエアガンを引いている中国の海洋調査船

質疑応答セッション(約1時間)

 

1:国民、全人類に知らせる権利と義務

 

平松 今日はお招きいただきましてありがとうございます。これから、私のふだんやっていることをお話しさせていただきます。写真をかなり用意してきたものですから、OHPで写真をお見せしたいと思います。今のお話ですと、「海洋調査活動のお話を」、ということですが、私としては、南シナ海を含めて、中国が海洋でどういう動きをしてきたかという話をしたいと思います。

私はいたって職人的な仕事をやっている人間で、近代的な手法をとっておりませんし、あまり人を信用しないものですから、すべて自分ひとりでやっています。人に任せると何をしでかすかわからないので、マニュアル(手作業)で、いたって職人的なことをやっています。研究者である以上、そこでわかったことを、国民、もっと大袈裟に言えば全人類に知らせる権利と義務があると思っておりますので、その都度まとめて公表しています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から