日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


大内 曽野綾子さんが社長さんですか。

日本財団 ええ、会長ですね。

大内 いつかSEAPOLにお招きして基調講演をしてもらうのはどうですか。やはり多くの人に理解してもらわないと、いかがわしいものがたくさんありますので、本格的にやっているところですから。

 

29:「海洋政策のない海洋日本」

 

日本財団 今、おっしゃっていただいたようなことを、調査から帰ってきたときに、私の上が常務理事で寺島紘士という運輸省出身のものなんですが、非常に前向きに、この前ですが朝日新聞の「論壇」にそういうものが必要だと書いています。(事務局注:1999年12月3日、「海洋政策のない海洋日本」)日本は、縦割りではなくて総合的に解決するところがなければ、それは進まないだろう。それでなおかつ、そのためにもシンポジウムというのもひとつ。先ほどおっしゃったようにシンポジウムというのは事務的なところとかいろいろなデータがなければいけないので、そちらの方向で進んではいるんです。私どもが運輸省認可であるということには間違いないんですが、かなり財団色が強い団体として活動させていただいていますので、ひとつひとつを運輸省のほうのご機嫌を聞きながら実行するというようなことではありません。昔はそうだったかも知れませんが、ここ十数年そういうことはございませんから。

大内 今までは財団としてはソフトよりはハード面で運営してこられたんですか。

日本財団 分野によりまして、ハードというふうに限定もできません。ただ、今日のテーマに沿った分野で申し上げるとわれわれにとってもマラッカ、シンガポール海峡の航行安全の分野においては、主として航路標識の設置です。

ただ、ソフトの面で何をやっているかというと、シンガポールはもう自分でやっているんですね、インドネシア、マレーシアの、日本でいうところの灯台部、航路標識の担当の部署の人たちに対して、マレーシアは比較的意識が高いので自分たちでノウハウを身につけた。昨年の12月に施行されたTSSの延長ですね。そこで必要な灯標も全部マレーシアは自分で設置しました。VTISも自分で設置しました。ところがインドネシアがその力がないんですね。ですからインドネシアの技術者たちをトレーニングするメンテナンスのノウハウですね。日本の技師が行ってやるんですが、これは保安庁の水路部も灯台部も協力しているんですけれども、育たない。国民柄というんですかね。ですから、この話題を外すと、ソフトの面でやっている事業もたくさんあります。ハードばかりではありません。

大内 SEAPOLは全面的にソフトですよね。そういうひとつの傾向としては。

日本財団 ですからむしろハードという物の支援にはもう限界が見えてきていて、結局物は造ったけれども活用されない。政治的に利用されるとか、いろいろ悪い面も見えてきていますね。ですから、やはりソフトの支援というのが重要だという認識は持っています。それはどの分野においてもそうです。

大内 福岡に私がいたときに、「アジア文化賞」というのがあるんです。賞金は、たった500万円ですが、個人は300万円。「来年は文化賞をSEAPOLにやろうか」という段階で、私が東京に引っ越したものですから、応募できませんでしたが、しかしそれなりの資料は山のように積み上げました。立派な資料があります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から