日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


加藤 日本財団が、研究機関をおつくりになったらいちばんいいんじゃないかなと思いますけれどね。

 

24:人脈ネットワークづくりのプロジェクト

 

大内 そう大きなお金は要りませんからね。それから、配布資料の説明にもどりますが、New Challenge Super Projectというのは、Marine ExpertsとGovernment officialsが一緒になってやっている教育研究機関です。人脈のネットワークをつくっています。すでに相当大きなものがあるんですが、人集めは実に早いですね。しかし今後は、もっと本格的に、世界的な海の研究機関をネットワーク化するという構想です。ですからこれに乗ると非常に便利ではないかと思いますね。

それからデータバンクとリソースですが、これは、ちょっと貧弱だと思うんですね。タイのことですから、場所もないし金もないんですが、非常に必要な課題ですね。

 

25:東アジアのモデルとしてのGulf of Thailand Project

 

Gulf of Thailand Projectというのは、カンボジアとラオス、マレーシアですが、4ヶ国は非常に緊密にやっておりまして、海を囲む国同士の協力については、世界でもモデル的なものです。これはEast Asiaにある、中国、日本、台湾、韓国にどのように反映することができるかという視点で見れば、将来の課題になると思います。

最後のMaritime Transit Project というのは、マニラ会議から継続のものです。2ページ目は、港湾の問題で、いま韓国とか香港が、日本の横浜と神戸をさしおいて、実権を握ろうとしておりますので、日本が暢気(のんき)にしていていいかということですね。ハブ港が一つもない、あるいはハブ港が一つしかない。神戸は釜山に取られています。ハブ港がないということは将来の日本にとってどういう意味があるのか、重要な意味があることになりますね。仮に韓国で戦争が起こったとすれば、釜山は使えませんからね。ですから、どうしても一つの国はハブ港を二つぐらいは高くても持たなければいけないんですが、市場原理から行けば、日本には、もうできないらしいですね。

それから、次はまさに漁業の加工とか冷凍施設ですね。有効に漁業資源その他の資源を地域経済の中で活かしていくシステム。それから人材ですね。ですから、これがある限りに置いて、彼らは日本の参加を歓迎すると。このことは久しく話題に出ているんですが、なかなかうまく行かない。その技術を提供する国が日本しかないんですね。でも日本はまだ入っていませんからね。

 

26:ダブル・スタンダード船の問題

 

川村 このほかに、いわゆるダブル・スタンダードの船がありましたね。ナホトカ号みたいなものですね。あのような危険な船で、訓練もろくに受けていない、資格も十分に取っていないような船員が運行しているわけですから、この訓練の問題も入れる必要がありますね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から