日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ですからその制度はできているんですが、いま彼らがまた要求を加えてきたのは、その周辺の施設についてです。何かもう通過通航だけでなくて、要するにあのへんの施設についてできるだけ経済的協力が得たいということです。

この点はまだ進展する可能性はあるんです。例えば日本が通航の施設のために金銭的協力をしても、それが流用される可能性がある。そういうことをしないようにチェック機能を持った機関ができるといいでしょう。しかし、そうすると、それがまた何か内政干渉になるようですね。エジプトは国際運河の収入を、運河だけではなく国の財政に利用するでしょうから、マレーシアとしてもそうしたいんじゃないですかね。

川村 マニラ会議の時に、この問題でちょっと発言させてもらったんですが、一番避けるべきなのはタリフといいますか、通航税みたいな形ですね。沿岸の諸国が徴収するというやり方は馴染まないでしょう。

だから間接的に、例えば基金みたいなものを作って、そこへ利用する国が寄付するというような形式が一番妥当ではないかと申し上げました。

避けるべきはやはり通航税みたいにして取り立てるという形です。しかも沿岸国が直接徴収するという形は利用する側から見て馴染まないのではないですか、という発言をしたのです。

確かにマラッカ海峡、シンガポール海峡あたりを見ますと、水深が次第に浅くなっていますので、ドレッジング〔浚渫〕も必要ですし、航路に沿っていろいろなブイとか標識なども立てなければならない。マニラの会議でも、「しかもそれを設置しただけではだめで、やはり海に置いておきますと傷みも激しいですから、それを定期的に維持整備しなければならないからまだまだ金が要るんだ」ということを言っていました。

そこで、「実際に事故が起こったら、三千億円ぐらいの金がかかるでしょう」と言う話になりました。一回タンカーが事故を起こして、まわりに深刻な被害が出た場合、過去の事例から何千億円の被害がでる。それに比べれば、そういう施設に投資する金というのは微々たるものですと言う話で、これは、インドネシアのジャラール大使が言ったんですかね(大内 そうですね)。そういう紹介がありました。日本としては非常にくすぐったいけれども、会議の席上、言われたことを正確に申し上げますと、「とにかくあそこに唯一貢献したのは日本だけだ」と。そして、ジャラール大使は、会議の席で、一人ひとり名指しで、「韓国はやっていない」、「中国はやっていない」、と目の色を変えて言っていました。

大内 日本としても、何でみんなが使っているのにおれのところだけがやるんだという思いはあるんでしょうね。私が会議に出た印象からすると、「みながやらないなら、だからこそ日本だけがやったらいいような気」がしますね。そうすると、アジア諸国は、非常に恩義に感じて、義理を感じる民族ですから、外交上はたいへん有利だという気がするんですけれども。

 

10:マラッカ海峡における日本財団の貢献

 

川村 あの会議の時は、日本財団というNGOが、国を代表して立派にやっているんだなという認識を持ちましたね。やはり代表していただいているということは非常にうれしく思いました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から