日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


日本については、いつも大内が出て来て何でも話していると言われるよりは、いろいろな人が出た方がいい。

それで私はいろいろな方をこれまでにお誘いしたことがあるのです。でも、お招きしても「旅費が出るんですか」と聞かれて、「いえ、出ない」と言うと、「それじゃあ……」といって来られないんですね。SEAPOLの会議には、相当関心を持っている国際法学者はいます。そういうことで、できるだけインスティテューションとしてご関心を寄せていただければいいんじゃないかと思います。私もまもなく2001年春に定年がきますので、そうなりますと、もうあまり出られないと思います。そうすると日本人の出席がゼロになるんですね。非常に寂しいことだと思います。テーマによりましては非常に政治的なものもありますし、それなりに専門家を仕分けしてきます。SEAPOLにはさまざまな専門分野の会議がありますが、それで私も私の専門外のところには呼ばれることがないんですね。

そういうことで何か一段、ここで区切りましてSEAPOLについて話を終えようと思いますが、ご質問はありませんでしょうか。大したことないなと思われたかも知れませんが、川村さんと小川さんが来られて、英語で全般的な日本の最近の状況についてイブニングミーティングの時に話をしていただきました。あれは非常に効果がありました。日本人は英語ができても喋らない人が多いものですから、あのときは30分ずつ一時間話していただきましたが、大変評判が良かったです。

 

9:マラッカ海峡通航税制度だけはさけるべきだ

 

山本 海峡の通航料の件でお伺いします。6年程前に、私がまだ現職(の自衛艦隊司令官)だった頃の話です。東南アジアから、研究交流メンバーが訪日し、自衛艦隊司令部を訪問したときのことだったと思いますが、その中の一人が、「マラッカ海峡を通過する船舶は通航料を支払うべきだ。高速道路だって通行料を取るじゃないか」と言うんです。それを誰がとるのかと聞いたら、マレーシアだという。マレーシアが国際海峡の通航料をとるのはおかしいなと思ったんですけれども、今日の話だと、いわゆる公海の安全を確保するためとか、環境整備だとか、そういうことのために通航料を消費税みたいな形で支払うのであれば合理的だと思うんですが、果たしてどこが管理することになるんでしょうか。

大内 今のところ彼等の主張は沿岸国ですから、マレーシアですが、そのための国際機関がないんです。

山本 ですからそこが問題ですね。それがあのへんの沿岸国だけの機関になってくるわけですね。そして、その機関からいろいろ規制とかも出てくる。

大内 そうなんです。その国がひとつ反対したら海峡を通れなくなりますから、それが問題なんですね。万が一ということですね。

山本 そこを解決すればいいんですね。先程おっしゃったように、アメリカが一番心配しているのは、いわゆる軍事力を展開するためのシーレーンが制約されるということなんです。わが国も同じ立場ですが、艦船の通航に制約を加えることなく、通った分だけ金を払うというシステムが確立されればいいんですね。

大内 そうですね。だけど、今のところ、ご承知のように通過通航権というのが海峡にできていまして、その航路だけは公海と同じように自由通航なんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から