日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それでは、「国際運河とマラッカ海峡とがどう違うのか」という疑問が湧きます。国際運河は人工的です。小さな細い海峡と非常に似ている運河です。もう一方のマラッカ海峡は自然の海峡です。その広い海峡をなぜ規制するかというと、事故が起こらないようにするためです。素人としては、そのためにはそれなりの予防措置が必要ではないかと考えられるわけです。これについては、ひょっとしたらアメリカあたりの圧力があるかも知れません。規制を許すと軍艦に対する規制もおのずから許されますので、そのへんでは、アメリカの圧力が強いのではなかろうか。それは皆さんのほうがご存じかも知れません。

マラッカ海峡がまだまだ危険ならば早目に手を打った方がいいと思います。日本政府が直にお金を出すのがまずければ、いろいろなやりかたがあると思います。財団の民間を通じて、安全を期すことが大事かなと思っております。SEAPOLの会議からは、こういう空気が非常に伝わってきます。彼らは、万一の大事故を大変に心配しており、会議の場からは、純粋な彼等の意志が伝わってきます。

SEAPOLはAPECとも結びつきましたし、APECも前回からSEAPOLの出席をオブザーバーとして許可しております。APECも、自分たちだけでは力不足なことを承知しておりますので、協力をしてくれということです。そのAPECには、安全保障分野まで入りますから、扱う分野は、まず海の全面にわたっていますが、多少は陸にもあがってきつつあります。したがって、SEAPOLを通じて、アジア外交とアジアとの関係においてはほとんど全面的に深いコンタクトがとれることになります。

 

4:SEAPOLジェネラル・セクレタリのフランシス・ライ博士のこと

 

SEAPOLのフランシス・ライさんが、ここに来られて講演されたこともあります。あの人はそんなふうに見えないんですけれども、実はアジアで一番人脈の広い女性だと思います。センスがいいし、それから非常に政治的能力がありまして、何も準備しなくても大きな大会を取り仕切る能力を持っています。書かせると、内容のあるものを書きます。

この人は東大時代に衛藤審吉さんのもとで日本の政治を研究されたんですね。それから香港大学、またアメリカのハワイ大学でPhDを取られました。その頃はあちこちからお呼びがかかって、いろいろな役職にも着かれました。香港の嶺南大学では学部長もされました。それからサンフランシスコに行って、現在は教授の籍をカリフォルニアにおいたまま、出向の形でSEAPOLのジェネラル・セクレタリ(事務局長)をしておられるわけです。非常に信頼できる方です。非常に有能です。電話一本で、世界の隅々から人集めをしてくれる方でございます。

中央大学に一昨年の秋の一学期、客員教授としてお呼びしたことがあります。そして去年から今年にかけまして、中央大学で中国政治の専任教授に欠員が出たものですから、私が推薦しまして、東京に連れてきたいと思ったのですが、惜しいところで日本語が十分でないということでだめになりました。日本語は相当できるんですけれども、もっとできる人がいて採用されませんでした。ご本人は、今はとにかく、タイに残ってSEAPOLを直接助けるよりは、他の国から応援したほうが本当の応援になるのではないかということを言っております。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から