日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


2:SEAPOLの成立と発展

 

今日は、じつはSEAPOL(South East Asian Policy and Law)1 のご紹介をしてくれないかとのお話がありましたので、私はそれをおもに考えて参りました。SEAPOLは、ご承知のようにNGOです。タイ国のNGOとして認可を得た団体で、政策と法について研究している団体です。あまり皆さんご存じないかも知れませんが、意外に安定した非常に成熟した民間の研究団体です。現に私はもう14、5年前から出席しておりますが、その間にもちろん小田先生も何回か来られて基調講演をされていますし、海洋法裁判所のパク・チュンホ判事も常連です。あるいは外務省からもだいたい毎年1名から2名は来られます。

会議を実施しますと、現地の外務省、あるいは領事館の方々もよく出席されます。その割にはあまり日本では知られていないんですが、会議に出ますと非常に情報が入る。その情報が、政府を通して入るのではなく民間を通して入ってくるところに特徴があります。政府の役人も個人の資格で出席するから、そこに出ている人たちは、インドネシアのジャラール博士のように思い切ったことを言って帰られます。ベトナムも入っていますし、今度カンボジアも入りました。ミャンマーだけがまだ入っていません。

私はいつも、「こんなに有意義な会議なのに、どうして日本人はもっとたくさん来ないのかな」と思っていました。そうしたら、学者は旅費が出ないと来ないということがわかりました。特に日本の学者は旅費を自分で負担してまでは会議に出ない傾向がある。しかし私は、少ない給料から自前で往復の旅費を出して、SEAPOLの会議には、出席してきたんです。

旅費についてのSEAPOLの方針ですが、SEAPOLの主な出資者はカナダ政府で、カナダ政府が「先進国の学者の出席者のためにはこの金は使うな」と言うのです。カナダ人と開発途上国の研究者の往復旅費は提供できるのですが、日本人の分は出ない。中国からは、ワン・チェイヤなどの大物が次々に来ていますが、この旅費は出している。

なぜ、わたしが自腹を切ってまで行くかというと、帰りがけには本当にもう論文が二つできるぐらいの資料が入ってくるんです。しかも相当権威のある人物の報告がなされます。

もともとSEAPOLの生みの親は、モフター(Mochtar)というインドネシアの元外務大臣でして、彼が中心的役割を演じています。最近は、脳梗塞になりまして、出席していませんが、それでも中心になっている。ほかにも各国の外務大臣クラスがよく出入りしますし、そういうところでけっこう資料が入ってきます。

 

3:マラッカ海峡についての議論

 

マラッカ海峡については、毎回話題に上がります。マラッカ海峡に関する発言は、予定されていない議題のときでも、まったく自由に飛び交います。そういうときに何となく、東南アジアの国々のものの考え方や、いわゆるアジアの問題に対するアプローチや、日本その他の先進国をどのように見ているかという、彼等の心情的な側面もわかります。それで、私は外交をする人たちは絶対にここには来たほうがいいと思いながら出ています。

 

1 http://members.tripod.com/a_chotilersak/board.htm

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から