日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


また、別の問題もある。貝類やタラとかカレイとかの底魚は、特定の漁場の中だけではなく、隣の漁場へ移動する。ある漁協で貝の稚魚を放して、大漁を期待したのだが、移動して隣の漁協へいってしまった。隣の漁協は何もしないのに豊漁で、放流した漁協は何も捕れなかったという話がある。これが隣国同志の領海や200海里専管水域の事件になると、国際問題に発展する。

とはいえ、栽培漁業とは魚介類の「ライフサイクル」を畜産のように人間がコントロールして生産を調整していく方法である。水産業もここまできてはじめて安定した技術の上に立脚することができるであろう。したがって、この方式の問題点を技術的に解決していくことが今後の課題である。

 

11. ハイテクの応用

 

水産業が直面している壁を破るためには、農業同様、ハイテクを応用することが考えられる。アルビン・トフラーの『第3の波』では21世紀に期待される技術はエレクトロニクス、バイオテクノロジー、海洋開発、宇宙開発ということになっている。

音波などで魚群を掴まえて根こそぎ捕ってしまうという話があるが、逆にいえば、人工衛星で魚群を捕り過ぎないように管理していくというエレクトロニクスや宇宙開発の使い方もあると思う。

一番大きい影響を与えると思われるのはバイオテクノロジーである。たとえば、バイオテクノロジーを使って、生きた動物の餌しか食べないという魚種を改良できないだろうか。それは蚕ですでに成功していることである。蚕は桑しか食わないが、それを改良して、いまでは他のものを食べるようになった。これは餌の供給面を非常に楽にした。魚もやはり遺伝子組替操作などで、植物性の、しかも陸上の植物をも食べるようなことを考えてもよいのではなかろうか。

もっとも、水産資源の利用としては、逆のことも考えられる。昆布などの海草を栽培して、家畜の飼料にすることである。

それから、回遊魚の問題でも工夫の余地がある。サケのように故郷に戻ってくる遺伝子をいろいろな魚介類に組み込んで、全部日本に戻ってくるようにできないだろうか。もちろんこれは国際共存に反する問題だから、あまり意地汚くやる必要はないが、魚の回遊性とか定着性の遺伝子を組み込んで、ニーズに合ったものにしていくということは考えてもよいのではないか。

また、暖流と寒流で住む魚が違うが、寒流の遺伝子を暖流の魚に組み込むとか、その逆をやっていくとか、そういうことによって、この海域はこれしかとれないという状況ではなくて、寒流で捕れる暖流の魚というようなことも将来的には考えられるかもしれない。

これは遺伝子組替操作ではなくて細胞融合だが、ミカンは暖かいところでしか採れない。だからそれをカラタチと組み合わせて、寒い所でもミカンを採れるようにする。これはオレンジとカラタチだからオレタチと呼ぼうというような冗談ではなく、本当の話しをしているから、いまに水産業でも同じような開発が出てくるかもしれない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から