日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


「養殖」のもう一つの問題点は餌である。畜産にも餌問題はあるが、水産の場合はもっと厄介である。魚介類はサケのような植食動物もいるが、大部分は肉食動物である。それも生きた肉を要求する非常に贅沢な生き物である。

ウナギでもハマチでも、生産するのにはイワシを餌として与えなければならない。8キロのイワシをやって1キロのハマチやウナギが生産されるといわれる。飼料効率は畜産と同じ構造である。しかし、畜産の飼料は大部分が植物なのに対して、「養殖」が要求する餌は動物である。

イワシが下級な魚かどうかは別として、少なくとも市場価値としては低いから、低価格の蛋白質を、ハマチなどの市場価値の高い蛋白質に変換するのが「養殖」であるということになる。「養殖」ではイワシなどを餌用として集めてくるのが大変な作業になる。それが最近のようにイワシが次第に不漁になってくると、餌問題で「養殖」は行き詰まってしまう。

日本で最初に養殖の対象になったのは車エビであるが、これは廃棄された塩田の利用から始まった。車エビは生きた貝しか食べないので、毎朝近くの沿岸から貝を集めることが重要な日課であった。

もう一つの問題は塩田の酸素不足であった。毎日海水を海から引き入れるのだが、その作業も大変である。そこで、塩田に小型の水車を取り付け、塩田に空気を入れる工夫がなされた。いまではウナギなど、他の養殖でも見かける風景だが、これは車エビで開発されたようである。この方式で東南アジア、その他でもエビの養殖をやっている。

養殖の餌でさらに困ることは、養殖魚貝類が生餌でないと食べないということである。たとえばヘリコプターの上から餌を落とすと、落ちていく餌は動くから、活きているとみて食べる。ところが、一旦、底に落ちてしまった餌は食べない。そうすると、それらが累積して腐敗するから、一種の公害問題になる。日本近海で養殖をやっているところは、そういう意味で汚染した状態になっている。

 

10. 栽培漁業の限界

 

本格的な「リサイクリング・システム」はむしろ「栽培漁業」で採用されている。これは農業や畜産に近い漁業である。「栽培漁業」というより「海洋牧場」といった方がイメージは湧くかもしれない。稚魚を孵化して放流する一方で、海の環境を整える。古い船を沈めたり、ブロックを沈めたりして、魚の住みやすい漁礁を作ってやる。規則的に餌を補給してやる。こうやって、一種の放牧のような形で、広い海で魚介類を育成、使用していけば、水産資源が維持され、増産されていくということが期待されている。

しかし、魚種によっては困難が伴う。マグロのような回遊性の魚を栽培漁業でやると、世界中を相手にしなければならない。マグロはエラ呼吸ができないから、海を突っ走ることによって海水をエラに入れ、それで酸素を取っている。止まったら死んでしまう。そういう魚種をある一定のところに囲って、飼育することは困難な問題である。それでもマグロの養殖は始まっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から