日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


もっとも、この側面はそれらの規制が撤廃されれば、資源の範囲を拡大する可能性には繋がる。

水産資源の短期的・長期的変動原因がつかめないため、水産業はいまのところ「自然の気まぐれ」に委ねられがちである。他方、水産物の消費習慣は短期的には大きく変わらないし、長期的には水産物以外の食料からの影響も受ける。したがって、水産物には需給ギヤッブが常に存在し、その価格は安定しない。

ところで、水産資源は現在、二つの面から打撃を受けている。近年海洋汚染が世界的規模で進行しているが、これは石油タンカーの石油漏出をはじめ、工業化を中心にした経済開発、農業の工業化、水産養殖の普及などによるものである。このため赤潮などの発生で水産資源が打撃を受けている。

また、水産資源はその再生産能力を上回って漁獲すると枯渇してくる。魚介類はある程度捕獲しないと増殖しない。数量が減ってくれば、その魚介類は種族を保存するために子孫を増殖しようとするらしい。しかし、捕獲にも限度があって、ある水準を越えると、再生産能力が種全体の減少に追いつかなくなり、本格的な枯渇に転落していく。

再生産能力を失わずに漁獲できる上限量を最適維持生産量(Maximum Sustainable Yield、略してMSY)という。MSYの推定は大変複雑で、難しく、所詮、大ざっぱなことしかいえないが、FAOでは、それがだいたい1億トンであろうと考えている。

日本は水産物の生産、消費では世界に突出した国だが、近年他の国も水産資源を重視するようになってきた。世界の漁獲量は現在、約8000万トン、そのMSYに近づきつつある。世界の水産資源が限界にきているので、水産資源は国際問題となっている。FAOの見通しでは、需要の方はこのままいけば、1億3000万トンぐらいまで増加するのではないかとみている。そうすると、水産業の当面の資源問題は将来予想される5000万トンの不足をどうするかという問題になる。

また、海底にはマンガン団塊などの膨大な鉱物資源が存在していることも明らかになってきた。広く海洋資源を国際的に保全していこうという風潮が広がり、それが世界海洋法会議で「200海里問題」として論議されることになった。200海里問題はさらに国境の線引き問題にも発展していく。

したがって、水産には食糧全体の需給問題からくる圧力に加えて、水産資源のMSY限界説があり、その壁を突破する技術的ブレイクスルーの他に、地政学的問題までが含まれることになる。

 

6. 市場原理と安全保障

 

水産業の食糧需給における位置づけが明らかになったので、ここで再び食糧全体の問題を考えてみる。世界の食糧需給にとって当面重要なことは、食糧の主要輸出地域、アメリカとEUの農業政策が保護主義から市場指向型に転換してきていることである。

先進国の農林水産業に対する「保護政策」が国内の農林水産業の経営を怠惰なものにし、国民に財政負担を強い、開発途上国の農林水産業を圧迫し、ひいてはその経済開発を停滞させてきたことは否めない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から