日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


話しが飛躍して恐縮だが、日本の天孫降臨の神話では日本のことを「豊葦原の瑞穂の国」と呼んだ。古代の日本は湿地帯で葦が密生していたのであろう。葦は日本における自然のホメオスタシスの機構を維持するのに必要な「生態的要因」だった。

いま葦と同じく湿地帯に育つ稲で葦をおきかえてみる。それでも自然のホメオスタシスの機構が乱れないということになれば、稲は葦の「生態的等価要因」である。

この場合、葦原を水田にして稲を植えた方が得である。なぜなら葦は人間の食糧にならないが、稲は食べられるからである。そのうえ、葦と稲を交換しても生態系は混乱せず、人間の住む環境は保全される。

これを「移植」による「代償作用」と呼ぶ。人類はこのような「代償作用」を利用して自分に有利な生物を「移植」し、これによって生態系本来の「食物連鎖」を人類中心の「食物連鎖」に組みかえてきた。ここに「農業」の発端がある

農業は約1万年前、地球が温暖になった間氷期のはじめに成立したと考えられている。人間が集落を形成すると残飯や糞尿、灰が堆積する。その結果、集落周辺の土壌が肥沃になって、植物が繁茂する。また、集落周辺の残飯目当てに動物が寄ってきて人間と同居するようになる。

こうして身近な植物や動物との「共生」によってその「ライフサイクル」が観察された。やがて人間が種をまいて植物の「ライフサイクル」を管理し、動物に子供を産ませて、その「ライフサイクル」を管理するというかたちで、農業や畜産業が成立した。

はじめはイモ類の栽培が主流であったようだが、これは保存面で問題がある。そこで、稲や麦、アワ、トウモロコシといった、収穫が安定的で、なおかつ貯蔵が可能である「禾本科植物」を作物として選定した。

 

5. 水産業と資源問題

 

水産業は水産物という天然資源を探索し、これを獲得する産業であるから、その点では鉱業に似ている。しかし、その対象である水産物が生物であるという点では農業に似ている。鉱物資源は採掘すれば減っていくが、生物資源は再生産されるから、乱獲しなければ減少を防ぐことができる。もっとも、燃料としての石油は燃焼すれば、石油資源は減少するが、プラスティックなどの石油製品は再利用がされている。鉱物でも金属留意は再利用が可能である。しかし、これは生物の「再生産」とは原理的に違っている。

水産資源の探索のうち、毎年の生産変動や魚種の長期的交代についてはいまのところ必ずしも十分な解明がなされてはいない。特定魚種のライフサイクルもまだわかっていないものがかなりある。つまり、水産業は農業と違って、資源の「リサイクリング・システム」がまだ確立していないのである。

そのうえ、未利用資源の開発も完全ではないし、国や地域や宗教によって水産資源の内容も違っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から