日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


以上が「21世紀の食糧危機」といわれるものの構造である。「危機」とは実際の「破滅」ではなく、「破滅の可能性」である。

ところで、「食糧危機」には二種類ある。一つは食糧需給が破綻して、国民の栄養が飢餓水準にまで転落し、餓死者が続出する可能性である。もう一つは現状の食生活が崩壊して、たとえば動物性食糧が十分食べられないとか、理想的な食生活を達成できないという可能性である。後者の「食糧危機」は前者に比べて贅沢な危機ではあるが、まじめに考えなくてもよいという問題ではない。それは政治危機を生み出す。

1972年の世界的異常気象で主要食糧が不作となり、翌73年には穀物の国際価格は2〜3倍、砂糖は7倍に暴騰した。また、家畜の餌になるぺルー沖のアンチョビ(片口鰯)も大減産した。アメリカは国内の生活水準確保のためインフレ抑制を優先させ、大豆を含む重要農産物の輸出を規制した。

この逼迫状態をさらに助長したのは旧ソ連の飼料用穀物の大量買い付けであった。動物性食糧を国民に十分供給しなければ、社会不満を爆発させる恐れがあったからである。

また、1980年には、牛肉の値上げがきっかけとなってポーランドでは政変が起きた。当時アフガン問題でカーター政権が旧ソ連に穀物の輸出を止め、オーストラリアは干ばつで牛肉の輸出を減少させた。供給不足で旧ソ連圏は牛肉価格を上げ、各地でストライキを勃発させたが、ポーランドはそれが連帯による政変にまで発展してしまった。

熱量ベースで43%(1996年)の食糧自給率しかない日本のような食糧輸入国では、常に生活水準の現状維持を念頭においた対策が必要である。それは日本が飢餓水準に転落することを回避する独自の対策ばかりでなく、農業や水産業を通じて環境を保全し、食糧の生産、加工、流通、外食・調理産業を含むアグリビジネス、とくにその雇用を確保する対策でなくてはならない。

 

4. 農業と生態系

 

食糧増産に失敗すれば、世界の食糧需給は21世紀に逼迫することは確実である。したがって、食糧への需要圧力は農産物のみならず、水産物にも加重されてくることは明らかである。そのうえ、水産物については「高蛋白低脂肪」という観点から再評価がおこなわれ、「健康食品」という観点からも、需要増加が世界的規模で展開してきている。そこで、水産業についても、農業と同じく増産の可能性が問われるわけであるが、それを検討する前に、まず水産業と農業との根本的な技術格差を認識しておく必要がある。

水産業や農業が環境として依存している自然は「生態系」とよばれる。生態系は太陽エネルギーを一方的に流すことによって、生物と環境とのあいだに化学元素を往復させ、「地化学的循環」を展開する。

生物の諸群落は環境と接触するとともに、相互に交渉し合っているが、この関係は全体としては一つのまとまりとみなされる。そこでは平衡保持力が働いて、事象の変化を緩和する傾向がある。これを「ホメオスタシス」HOMEOSTASISの機構というが、この関係はダイナミックなもので、その安全性を維持する要因が一つでも過大になるか過小になるかすれば、その均衡は崩壊する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から