日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


〈…マイクの位置が遠いために、秋元氏の質問と唯是氏の回答聞き取れず…〉

山本 〈…これも残念ながら聞き取れず…〉

唯是 それも一つの文化の安全保障なんでしょうね。非常に安易に安全保障という言葉を使っているかもしれません。もともとあなた方の言葉だったんだけれど、いろいろなところで使っている。僕が食料に使ったのは非常に早かったと思います。

 

14:何を守るかを明確にし、文化や雇用はそのあとでの議論とすべき

 

山本 そういう意味では、農業生産とか穀物というのは、生命を維持するだけのカロリーの確保という方に行くんですね。

唯是 安全保障という感じではないですね。セキュリティでもないわけです。なんとかなる。だから守るものが何かとういことを明確にして、文化だとか雇用だとか、その上で議論してもらわないと、なんだか話があっちに行ったりこっちに行ったりしてしまいますね。

山本 そういう意味ではマグロが捕れなくなると〈…〉。

 

15:マグロと回遊遺伝子

 

唯是 だから自分のところでやる。いまの国際環境だと、それが一番いいんです。モンロー主義みたいな話でね。ただ、マグロもかなり栽培漁業をやっているんですよ。あまり外に行かないように、かなりスペースが要るんでしょうね。

他の方に行って戻ってくるのを捕ったら怒られるんですよ。自分のところを使って成長したから。あくまでも自分の領域の中で回遊してもらわないと困るんです。北海道から九州へ行って戻ってくるとか、そういう形のものを作れるのが一番いいんでしょうね。

山本 回遊の遺伝子を組み込んでね。

唯是 遺伝子を組み込んでね。それは外国まで行って戻ってきたら怒るでしょうけれどね。向こうのいろいろなものを食ってくるから。逆に向こうに放したら、捕られちゃうということもある。それは国際紛争の元ですね。バイオテクノロジーも、そういうことを考えながらやらないといけないということでしょう。

先ほどおっしゃったように、200海里水域からどれぐらい入ってくるのか、ということは本当はやるべきですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から