日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


特に、タラとかカレイみたいに境界をまたがった魚類や回遊魚みたいなものは、最も対象になりやすいので、それぞれの国で監視しているわけです。だから捕る漁業には違いないけど、やりすぎると常にその問題が出てくる。日本では国内で漁をやる場合、網のところにクワみたいなものを付けて、瀬戸内海をそれを引っ張って漁をしたんです。だから根こそぎ魚種を全部捕っちゃうんですね。それで完全に根絶やしになったので、それでは駄目だというわけです。だから、境界を接しているところは、世界全体の問題にもなっているし、お互いに関心が強いから、割当を守らざるを得なくなってくる。また、自分のところで安心して捕れるといっても、それをやったら自分自身がアウトになるんです。だから結局日本がやっている道を学ばなければいけないということになっているんでしょう。それは時間がかかるけれど、それ以外にないはずです。日本もまだ本当の栽培漁業を確立していませんからね。でも捕る方に行ってしまうのはまったく情けない話で、魚類は印を付けておいて、これは俺のだというわけにはいかない。だからその辺の問題をどうするか。技術的にそういうものも含めて、もっと思い切った規制をやった方がいいと思いますが。

 

12:資源ナショナリズムが許される時代は終わった

 

川村 資源ナショナリズムみたいなものがありまして、制限水域とか、アメリカとかカナダとかも太平洋に設けておりますね。捕る方も大変なんですが、漁獲量の割当の問題も、合意を得るまでが非常に大変でしょう。

唯是 大変だと思います。でもそれはお互いにしょうがないんじゃないですか。言いたいことをお互いに言い合って納得していくよりしょうがない。そういう時代、そういう社会なんでしょうね。

 

13:クジラ・イルカ・マグロ

 

川村 ただ、先ほど言われたように、西欧の漁業に対する考え方、例えばグリーンピースみたいなものが出てきて、変な要求になってしまうと困るんですが、そういう問題というのはどうですか。

唯是 クジラとかイルカ、マグロですか。あれも資源を守るという意味から日本が捕り過ぎるという話と、マグロは可愛い動物だという観点からやるのと、二通りあるみたいです。しかし、魚を食べてない国はないわけです。ただ日本は食べ過ぎているという印象はあるでしょうね。他の国がだんだん食べだしてきて、体にいいものだとかいうことがわかってきたら、日本は食べ過ぎているんじゃないかという問題はある。だからそれだけに日本近海、200海里の中で、それこそ自給する体制を作り上げるというのは大事だと思いますね。その辺が安全保障なのかもしれない。その上、領海問題、国境問題とからんできますから、なるべくフリクションがないところで、相当の自給ができるといい。そういう体制をつくらなければ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から