日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


10:協同組合が抱える問題

 

もう一つ、協同組合は協同組合で、農民のためにできたものだけれど、ここまで来て、組織が非常に大きくなったでしょう。その組織として維持していかなければならない。これまた個々の農家が生きていく話と無関係ではないけれど、別ですね。僕は最近ある農業関係の懸賞論文の審査委員をやっているんですが、若い人が、農協は手数料ばかり高くてメリットがないといいます。それよりも直接スーパーに持っていった方がはるかに手取りがいいし、やり甲斐もある。農協が潰れたらいいとは思ってないんですが、そういう角度からの問題もある。

同じ問題は漁協にもあります。漁協もいまWTOでこの間も問題になったんですが、漁業と林業の非自由化があって、それは何のためにあるのかよくわからない。ニシンなんてもう日本では捕れないのに、国内のニシン漁を護るためにニシンの輸入割当がある。そしてその割当を漁協がもらっているわけですね。そういう既得権みたいなものを維持していかなければ、漁協の経営が成り立たないという問題がある。これはまた、生産者と協同組合の組織とのギャップですね。ですから現実レベルにおいて、なかなか僕たちが言うようにはなりにくい。そういう新しい人たちを巣立ててやろうかという動きは、通産省のベンチャービジネスの補助金という形をとっています。ところが、農政に協力的でないという理由で、若い経営者に補助金を出すことを妨害します。おそらく日本全体がいまそうなのかもしれません。考えるはざまに来ているのかもしれませんね。

 

11:スペインとイギリスの「カレイ戦争」に学ぶ

 

川村 日本は漁業の先進国で、生産の形態では世界をリードしているわけですね。世界的な傾向としてはこういう形になっていくのでしょうか。まだ新しい海洋法ができたばかりで、自分の国の権利と考えて一所懸命海洋権益を守ろうとしている国が多いし、まだ捕る漁業が結構ありますね。それで国際的な紛争も起こっています。中国の南シナ海から東シナ海に出てきている漁船もそういう問題だと思います。韓国は日本に追随しているとおっしゃいましたが、日本以外はまだまだだということですね。

日本だけが進んだ形になっている中で、むしろ周りの国々が、かつて日本が捕っていた漁場などに進出する。あるいは中国との間にある漁業権の問題もまだ解決していません。まだまだ捕る漁業に周りの国が依存している限りは、やはり摩擦は相当残りそうですね。

唯是 韓国もまだ沖合に入っていますからね。ただ、一応、先ほど申し上げたMSYに基づいていろいろな割当規制ができています。その枠を各国はみな守っているはずなんです。スペインとかイギリスでもカレイ戦争とかありますが、起きるということは、やはり割当量を取り過ぎているのであって、反対側の国から文句が出るわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から