日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


水産も同じで、高齢化してきていますが、ほんとうに養殖でも栽培漁業でも主体になってやっていくのはかれらではない、違うわけでしょう。そういうのを一括して、路頭に迷うと困るから、助けなければいけないという議論を非常にエモーショナルに言うから、何だかわからない話になってくるんです。その辺の区別が必要です。雇用を守るための安全保障議論と、環境を守るための安全保障、それと本当の食糧危機に対する安全保障、そういういろいろなディメンションがあって、それぞれに応じた安全保障を議論していいと思うんです。

 

9:生産量は減っても、日本・韓国・台湾の生産額は減らない

 

川村 先生、2ページの「図1、3 漁業部門別生産量、生産額(累積)の推移」ですが、生産量は減ってきていますが、生産額はあまり減らないですね。この傾向というのは、日本だけの傾向だけでしょうか。韓国とか中国とか、周りの国はどうでしょう。将来的にこういう傾向になるんでしょうか。

唯是 中国は知りませんが、韓国は同じ傾向です。台湾も同じだと思います。今のような技術水準であれば、ますますそうなっていくんじゃないですかね。

川村 中国はまだ取る漁業が当分続くんでしょうね。

唯是 でも、内水面の養殖はずいぶん一所懸命やっていますね。

川村 漁業に参加する人数構成について、農業はかつて三ちゃん農業と言われましたが、漁業もまったく同じようなものですか。

唯是 同じですね。でも三ちゃん農業でさえないわけです。完全に高齢化して、ある意味では選別されてきて、本格的にやろうという人たちが農業では出てきているんです。水産の方がどうなのか僕もよく知らないんですが、だけど似たような条件に追い込まれていると思います。ただ農業と非常に違う所は、水産には一方に大変な大企業があるわけです。大洋漁業とかニチロとか。農業の大きなものとは全く桁違いですね。彼らは水産はもう駄目だからみんな陸に上がったわけです。それで畜産をはじめたり、もっと商業部門を拡大して輸入して売るとか、そういうふうに展開していますね。だからいま漁業をやろうという人たちは、そういうところではなくて、もうちょっと中堅どころに移って、今いったように非常に大きな新しい技術が入ってくれば、思い切って投資してやってもいい。地方自治体なんか、かなりその地域の海に興味を持ってやっていますね。そういうところからだんだん新しい動きが出てくるんでしょう。農業でも、そういう機械を入れたような技術をやっている人たちというのは、非常に若い人が増えています。だから、だんだん世代交代して新しい芽が出てきていると思います。ただ、政治としては、そうである人もない人も平等に考えなければいけないので、どうしても話は混乱してくる。それはやむを得ないと思いますが。新しい芽が出てきていることは確かだと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から