日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


そこで、ある日フッと思い付いて、塩田に小型の水車を取り付けた。ただグルグル回していれば塩田に空気が入ります。それに気が付いて、作業が非常に楽になったといっていました。いまはウナギなど、他の養殖でも見かける風景は車エビで開発されたようです。それは昭和30年の初めだったと思いますが、今では東南アジア、その他でもエビの養殖をやっているようです。

話が横に逸れましたが、養殖というのは孵化させて増やしていくという方法にだんだん傾斜していますが、やはり餌の問題で苦しんでいます。餌でもっと困るのは、餌が生きていないと食べないものですから、例えばヘリコプターで上から餌を落とすと、スッーと落ちていく餌は食べます。ところが、いったん落ちてしまった餌は食べない。そうすると、それらが累積して腐敗しますから、一種の公害問題になります。日本近海で養殖をやっているところは、そういう意味ですごく汚染した状態になっています。そのへんも養殖を今後どうしたらいいかという問題になります。

本格的なリサイクリング・システムはむしろ「栽培漁業」で採用されています。これは農業や畜産に近い漁業です。「栽培漁業」というより「海洋牧場」といった方がイメージが湧くかもしれません。稚魚を孵化して放流する一方で、海の環境を整える。古い船を沈めたり、ブロックを沈めたりして、魚の住みやすい漁礁を作ってやる。規則的に餌を補給してやる。こうやって、一種の放牧みたいな形で、広い海でそれをやって行けば資源が維持され、増産されていくのではないかということが期待されます。

しかし、魚種によっては困難がともないます。マグロのような回遊性の魚を栽培漁業でやるのは大変です。世界中を相手にしなければならない。マグロはエラ呼吸ができない。ですから、ものすごい勢いで海を突っ走ることによって海水がエラに入って、それで酸素を取っています。止まったら死んでしまいます。日本の高度経済成長みたいなものです。とにかく走り回っている。そういう漁種をある一定のところに制約して栽培するというのは、困難な問題です。それでもマグロの養殖は始まっています。

また、別の問題もあります。タラとかカレイとかの底魚は、特定の漁場の中だけではなく、隣の漁場へ移動します。千葉のある漁協で貝の稚魚を放して、大漁を期待したのですが、移動して隣の漁協へいってしまった。隣の漁協は何もしないのに豊漁で、放流した漁協は何も捕れなかったという話があります。これが隣国同志の了解や200海里専管水域になると、国際問題に発展します。

 

5:ハイテクの応用

 

水産業が直面している壁を破るためには、農業同様、ハイテクを応用することが考えられます。アルビン・トフラーの『第3の波』では21世紀に期待される技術はエレクトロニクス、バイオテクノロジー、海洋開発、宇宙開発ということになっています。

音波などで魚群を掴まえて根こそぎ捕ってしまうという話がありますが、逆にいえば、これから人工衛星で魚群を捕り過ぎないように管理していくというエレクトロニクスや宇宙開発の使い方もあると思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から