日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


だから増えない。捕ってやるということは、必ずしも直ちに減るということにはならないのです。捕獲はむしろ資源を増殖していくことになります。ただ、漁獲には限界があって、ある水準までは捕ってやらないと増えませんが、それ以上捕ると逆に減っていくという限界があります。これをマクシマム・サステイナブル・イールド(MSY:最大維持生産量)と呼びまして、この概念を中心にしてFAOなどが水産資源の捕獲許容量を計算しています。

もっとも、海のものとも山のものともつかない、その海のものですから、なかなか推定は難しいと思います。FAOでは、だいたい1億トンが限界であろうと考えています。現在世界の漁獲量は約8000万トンぐらいですから、もう上限は見えてきているということになります。FAOの見通しでは、需要の方はこのままいったら1億3000万トンぐらいまで増加するのではないかとみています。そうすると、水産の当面の資源問題は将来予想される5000万トンの不足をどうするかという問題になります。

ところが、ご存知のように、この資源問題には200海里問題が絡んできますし、これがさらに国境の線引き問題にも発展してきます。したがって、水産には食糧全体の需給問題からくる圧力に加えて、水産資源のMSY限界説があり、その壁を突破する技術的ブレイクスルーの他に、地政学的問題までが含まれることになります。

食料というのはだいたい、冒頭に私が申し上げましたように、栄養バランスが良ければいいのであって、何を食べなければいけない、ということはありません。大豆がいいとか、玄米がいいとか、いわれますが、それはそれで間違いではないのですが、これは一種の信仰みたいなもので、どんなにいい食料てあっても食べ過ぎると良くありません。常にある一定の栄養バランスを取ることが必要です。

例えば、たんぱく質を焼くと、それが肝臓を通してDNAに影響し、ガンを引き起こすという話があります。特に焼き鳥は危険だといいます。ところが、それにタレを付けたり、あるいは野菜をはさんで食べると、発ガンの危険性が回避できると言われます。要するに、「食生活の多様化」です。食生活はむしろ多様化した方が、いろいろな食料を食べ、いろいろな問題に対処できるので、栄養的にも望ましい。「食生活の多様化」は人間に楽しみを与えながら、同時に栄養バランスを無意識のうちに保ってくれます。できるだけいろいろな種類の食料を取った方がいいことになります。

動物性食料、とくに畜産物を食べ過ぎると身体に悪いという議論がありますが、動物タンパク自体は悪いものだと私は思いません。組織からいっても、植物より動物の方が人間に近いわけですから、動物性食料を食べると早く吸収されて組織形成に役立ちます。植物タンパクをとって人間の体のタンパクにするよりは、動物の方が効率的です。動物性食料それ自体は決して悪い食品ではなく、むしろ健康食品といえるでしょう。非常に疲労したときなどは、肉を食べた方が回復が早いとよく言われます。ただ、問題は動物性脂肪がそれに付随して多く採られますのでよろしくないということでしょう。低脂肪高蛋白の魚介類が好まれるのもこの理由からであろうと思われます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
97,422

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から