日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


だから、その限りでは、人口が30年に6割増えても、生活水準が少しぐらい上がっても、問題にならないという議論になるわけです。

ところが、問題はそういうふうに機械的な延長が可能かどうかということです。アメリカ農務省(USDA)やFAOは、30年で穀類生産が2倍になったのだから、60年で4倍になってもよいという楽観的立場に近いようです。はっきり言ってしまえば、穀類生産は研究開発で30年間にこれだけ伸びたのですから、これまでと同じ研究開発をこれからも続けていけば、世界の需要増加をカバーできると考えているようです。それどころか、現在約9億人近くいる飢餓人口は6億人ぐらいまで削減できるといっています。

ただ、問題はこの30年間の食糧増産は農業の工業化で伸びたという点です。19世紀までの食糧増産というのは、農地を拡大して食糧を増加してきました。ところが、アメリカでもカリフォルニアまで開発が進んで、これ以上フロンティアはないということになると、どうやって増産するかが問題になります。世界の農地面積はもう限界にきたのですから、食糧増産に残された道は反収を上げることしかありません。では、反収を上げるにはどうしたらよいでしょうか。それには肥料をたくさん投下すればいいのではないかという考え方が出てきました。

しかし、そこには一つの「悪循環」があります。その当時の肥料というのは、いまでいう有機質肥料です。有機質肥料は何かというと、農場廃棄物です。家畜の糞尿とか麦藁や稲藁とか、そういったものです。ですから、農産物を増産しなければ有機質肥料は増えません。しかし、有機質肥料を増やさないと農産物は増産しません。これは一つの「悪循環」です。これをたち切らないことには、問題は解決しません。そこで出てきたのが化学肥料です。当時すでに主要な植物栄養素は窒素、燐酸、カリであることが分かっておりましたし、空中窒素の固定技術などが開発されていました。結局、農場廃棄物と関係のない無機質肥料を作り、それを投下すれば、食糧は増産できるという着想をもちました。

しかし、肥料だけでは食糧増産できません。大量の肥料を吸収して結実するだけの能力を持った品種がなければいけません。いわゆる高収量品種がなければ、化学肥料だけで食糧増産はできません。ところが、それまでの品種改良というのは、まったく行きあたりばったりで、たまたま優良品種に出会ったから、それを増やしていこうという出たとこ勝負のようなものでした。しかし、それでは増加する人口を養うには間に合う保証がない。もっとシステマティックな開発の方法が必要です。そこで着眼されたのが生物の雑種強勢という性質です。違う種類の両親を掛け合わせると、両親のいいところをとって優良品種ができます。この優性遺伝を利用してできたのが「ハイブリッド」(雑種交配)の技術です。

これで最も有名なのは、ハイブリッドコーンです。50年間に反収が5倍になったといいます。ただ、ハイブリッドの技術を達成させるためには、肥料をたくさんやるものですから、深耕してやらなければならない。それには人力や畜力では駄目で、機械化が必要です。それから水をたくさんやらなければいけないから、灌漑が必要です。あるいは、この高収量品種は自然淘汰を経た品種ではありませんから、病虫害に非常に弱い。これを駆除するために農薬も要ります。つまり、面積を拡大せず、反収増加で食糧を増産するためには、この方式では灌漑排水や機械化や農薬や化学肥料という、要するに工業製品を投下しなくてはなりません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
97,422

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から