日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


そのお土産のひとつとして非常に良く出る鉱区をアメリカのために掘っていた。日本には残念ながらあまり出ない方の鉱区を売った。そういうようにベトナムは教えた。ただ、アメリカの方もそれを高く評価していた。要するにその鉱区を管理している、国家の思惑を設けないと、いくらお金をつぎ込んでも日本でいい鉱区を手に入れるということは必ずしも保証されないことになる。

曽我 例えば、Statoilにはベトナム以上に評価力が高い可能性がありますね。特にあそこは海洋油田です。ベトナムも掘っていますけれども。

だから入札をやりますときに、自分の評価力でもって、より効率的な方法をとるということを言うんです。そういう技術開発力があるので、世界中で入札して掘ってこれるというのがいまのStatoilの水準じゃないかと思います。

日本もインドネシアでやったら石油かなにかがちゃんと出ましたね。トタールと一緒にやったり、いろいろなところと一緒にやっていますが、あれはかなり仲間的にやっているんじゃないかと想像します。

 

39:15年以内に回収できる

 

大越 話題を変えて恐縮なんですけれど、先ほど、仮に沖縄に中継基地を置いた場合に経費として50〜60億ドルぐらいかかるだろうと。そのコストは節約になる分、そこに中継基地を置くことによって、輸入価格が下がった分を投入すれば元と同じだというお話だったように理解しているのですが、そういうふうに理解していいのでしょうか。

曽我 東西格差がなくなる部分をカウントすれば、15年以内に回収できるでしょう。

大越 15年ぐらいですか。そうすると石油の中継基地としての施設、ファシリティの通常の更新には何年ぐらい。普通の物件ですと、例えばアメリカですと、普通の不動産だったら、361ヶ月、つまり約30年で減価償却にまわす。実際問題もうちょっと建物は長くもつわけですから、その分だけ税法上利益を得る。だからこそ不動産を取得し売買するメリットがあるわけですけれども、この場合、沖縄にその設備を投資して造ったとした場合に、未来永劫に使えるものができるわけではないでしょう。そうすると15年で回収できる一方で、この施設は何年後には更新しなければいけないんでしょうか。15年と15年でプラスマイナスゼロですけれども、普通一般的には...。

十市 まあ、船が20から30年ぐらい使えるわけだから、これは動かないからもっともつと思うんです。

曽我 まだ建て替えたということは聞いていませんけれども。

高瀬 かなりもつと思います。50年とかね。

曽我 今のオーダーでいきますと、いま減価償却なんか進めてやっていますから、いまあれを買い全部買い取るとしたら、いくらだろうかと言いますと、100万klあたり100億円あれば...。

高瀬 いまもガルフなんですか...。

曽我 今は600万klぐらいありますけれども、減価償却が進んでいるベースで考えているわけですね。だから600億円(6億ドル)ぐらい。まあ10億ドルしないでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から